月別アーカイブ: 2021年12月

映画「1/4の奇跡」に寄せる思い~村上和雄先生のインタビュー動画

村上和雄先生のインタビューがYouTubeにアップされています。

8月に当HPで紹介させていただきました、村上和雄先生インタビュー動画を制作された

ecowindさまの「動画チャンネル」に新たな動画がリリースされました。

ecowindさまのメッセージです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

いまだに世界に広がりつつあるドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」。何の経験もない素人が作った映画に村上和雄氏は出演することになりました。この映画を通じて入江富美子監督、主演の山元加津子さんと村上氏の交流が始まりました。一人の主婦である入江さんの遺伝子のスイッチがオンになったことで、普通ではありえないことが起こり続けています。人の思い、出会い、そのタイミング。そこにあるサムシング・グレートの思い、計画とは。その秘密に迫る村上和雄氏のインタビューです。

https://youtu.be/JLoFGyQ6ZV8

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

天からのクリスマスプレゼントのような気持ちです。

メリークリスマス!

No.7 「米、再考」コメは世界の主食です

村上和雄先生といえば「笑いと遺伝子」の研究で一般の方に広く知られて
いますが、コメに関する研究でも多くの成果を上げられました。

なかでもイネ・ゲノム解析は、アメリカとの国際競争でしのぎを削る国家
プロジェクトであり、先生にとっては、身も心も削られるほど過酷なもの
であったと聞きました。

しかし、「イネは、イネだけはなんとしても日本人の手で」という強い思い
をもって日本チームがその研究を完遂した、と伺ったとき、米が日本人の魂
と深く結びついていることを感じさせられました。

村上先生は、もともと京都大学の農芸化学のご出身であり、その恩師に
満田久輝先生がいらっしゃいます。

満田先生はビタミンCの定量法、ビタミン強化米、米の貯蔵法など数々の発明や
研究の功績を残され、数多くの受賞歴をお持ちの研究者です。
その道では大変ご高名な科学者ですが、一般の方にはあまり知られていないと
思います。(たいていの科学者はそうです)

最近、満田久輝先生のご著書『「米、再考」コメは世界の主食です』(初版1993年)
を読ませていただき、満田先生の先見の明、ユニークで大局的視点、高潔なお人柄に
魅了されました。(ちなみにこの本の聞き手は筑波大学教授時代の村上和雄先生です)

現在日本の食料自給率は40%を切っています。食料自給率にもいろいろと難しい計算
方法
があって、一概には述べられないのですが、食料の多くを輸入に頼っている日本
において、
コメは100%自給できる、最も大切な食の要といえます。
そして、コメは単なる食料ではなく、
日本人の文化や環境、宗教、生き方にも影響を
与えてきた特別なものであることは間違い
ありません。

特に素晴らしいと感じましたのは、産油国にむかう日本の石油タンカーにコメを積んで
途中の飢餓に苦しむ国にコメを現物で支援し、空になった
タンカーに石油を積んで帰って
くればいい、と書かれているところです。満田先生の発明された炭酸ガス封入密着包装法
ならばコメの品質を落とさずにそれが容易にできるうえ、真の人道支援といえる発想では
ないでしょうか。

本書をご紹介するにあたって、農水省のHPで日本の食糧事情に関する記事を読みました。
(是非、読んでみてください)↓

https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/ohanasi01/01-03.html

国という大きな単位での方向性を変えることは容易でない、と痛感いたしますが、
事態がひっ迫しているように感じられる今、食卓にのぼるおいしいごはんが辿って
きた道のりと未来を
、満田先生の提言とともに、考えてみてはいかがでしょうか。

「米、再考 コメは世界の主食です」集英社 からの抜粋です。
・・・本書は下記の提言から始まっています。

 

  提言 

荒れ果てた休耕田の片隅にたたずんで、かつての瑞穂の国が「コメまで買え」と迫られ
ているこの現況に対して、ひと言提言したい。

アメリカ、否、米国からは、永年、小麦、大豆、濃厚飼料をはじめ多くの食糧を購入して
いるわが国の食糧自給率は、今や世界最低である。
まさに、薄氷、バブルの上に一億二千四百万人の日本人が右往左往している感が強い。

今、われわれは、改めてコメを考えるのではなく、稲作、水田を考えなければならない。

環境汚染が地球規模で盛んに論議されている時、わが領土から水田が激減したら、取り返し
のつかない状態になり、日本人の心は、すさみ果てるに違いない。
水田に代わって工場が林立し、団地が増築されたら、人間、動物の呼気の浄化はいったい
どうなるのか。
時に慄然たる思いにかられる。

水田は今さら言うまでもなく、雨水を一定期間、保水してくれる。この水をダムで蓄えよう
としたら、大変な工事が必要である。豪雨の時も、各地に水田があるからこそ、都市は直撃
されずに済む。これらの効能を金銭の多寡で表わすとすれば、莫大な金額になるはずである。

一方、稲の緑は半年近く日本人に心のやすらぎを与えてくれている。
例えば、車窓から
眺めるのどかな農村風景、この精神安定効果は無限大と言ってよい。

安全保障、さらには国土の環境保全の点から、コメの輸入は徹底的に拒否しなければならない。
先年のペルシャ湾の大空襲、イラク、クウェートの激戦、気化爆弾など新兵器の出現の報道を
静視する時、多くの人たちは水、食糧の重要性を改めて再認識されたことと思う。

石油はなくても、人間は生きていける。一滴の飲料水の大切さ、食糧備蓄の緊要性を痛感
した次第である。冷害、台風は周期的に襲ってくるものである。もし、備蓄を怠ってコメが
不足する事態が生じた時は、前例にならって隣国(韓国)にお願いし、緊急輸入する一方、
農家に礼を尽くして休耕田を速急に緩和し、早場米を増産し、その危機を切り抜けることだ。
コメの市場開放は慎重にすべきである。

しかし、万に一つ、最悪の事態になった時は、巨額の外貨の黒字を減らすためにも、最小限
の外米を購入し、日本の船で運び、日本から二〇〇海里の沖合まで搬入すること
である。

そして、日本の国土には上陸させず、輸送中のコメの品質劣化や虫害を防止するため、
炭酸ガス封入密着包装法を行い、ドラム缶または積層フィルム袋に外米をつめる。

それを、タンカーに積みかえ、産油国へ向け出港する。途中、飢餓に苦しんでいる開発
途上国の人々に恵与し、人類福祉に貢献することだ。

国際協力甚金など莫大な国費を海外に援助しているが、笊に水の感なきにしもあらずで、
本当に飢えに苦しんでいる住民の手に届いているかどうか疑わしい。それよりも、現物を
支給して難民を救い、餓死寸前の乳幼児を救済し、国際親善に役立てたい。目的地の産油
国に到着後は、石油を購入して積み込み、日本に持ち帰ることだ。

コメの国、ニッポンであるにもかかわらず、コメについて正しい知識に欠けている人が
意外と多い。本書を通読されて、為政者は一日も早く、健全、合理的な食糧政策を確立され、
英断を以て実行に移してほしいものである。

平成五年二月十一日

満田久輝

集英社:「米、再考」コメは世界の主食です

No.6 幸せの遺伝子 

前回 No.5 生きている。それだけで素晴らしい、でご紹介しました一文のなかにも村上和雄
先生の「笑いと糖尿病実験」の話が出てきましたが、先日、友人の看護師さんが下記動画に
「村上和雄先生のことが紹介されているよ」と教えてくれたので拝見しました。

https://youtu.be/GuckArvQBCo

こちらの動画では薬、とくに風邪薬や抗生剤を多用しがちな日本人に対する警告と、そもそも
「病気が治るということはどういうことか」が、わかりやすく解説されていました。

村上先生は生前、次のようなお話をよくされていました。

「友人の製薬会社の社長は、自身は薬をほとんど飲まないと言っている。それは薬には副作用があることをよく知っているからだ」と。

実は私も以前は頭痛持ちで市販の鎮痛剤をしょっちゅう飲んでいました。我慢するのが嫌だと思っていたのです。でもあるとき、これは身体によくない、と思い、それからはできるだけ服用しないようにしました。気が付けば、いつの間にか頭痛そのものがなくなっていたのです。

今回は、動画の中でご紹介いただいた 「幸せの遺伝子」育鵬社 からの抜粋です。

第三章 遺伝子が喜ぶ生き方 より

⑥ 明るく前向きに生きる

私たちの「心と遺伝子研究会」では、吉本興業に協力していただいて、「笑いによって遺伝子の
スイッチが入ったり切れたりするか」という実験を行いました。

糖尿病の患者さん二十五人に集まっていただき、軽い昼ごはんのあと、大学の先生の講義を聴いていただきました。テーマは「糖尿病のメカニズムについて」です。

ご存知だと思いますが、大学の先生の話というのはあまりおもしろくありません。わかりにくいし、ユーモアにも欠けている。そこで先生には、いつもどおりの講義を四十分してくださいとお願いして、そのあと糖尿病患者さんたちの血糖値を検査しました。

すると、空腹時の血糖値よりも、なんと平均123ミリグラム上がっていたのです。なかには200ミリグラムまで上がった人もいました。このデータが示しているのは、血糖値の高い人は、つまらない講義を聴いてはいけないということです。

そして、翌日、前日と同じ時間に同じ人たちに漫才を聴いてもらいました。吉本興業から参加して
くださったB&Bというコンビがいよいよ舞台に登場するというそのとき、私は、こう耳打ちしたのです。舞台袖で島田洋七、洋八さんに、

「もしこの実検が成功したら、間違いなく糖尿病研究の歴史に残りますよ。笑いと血糖値、笑いと遺伝子の関係には、まだだれも気がついていませんから」

お二人は気合いの入った漫才を披露してくださって、みんなは大笑いしていました。
その直後に血糖値を測ったら、空腹時との差は平均七七ミリグラム。講義のあとより笑ったあとのほうが、四六ミリグラムも低かった。笑いだけで糖尿病患者さんの、食後の血糖値の上昇が大幅に抑えられたのです。

私が、この実験計画を糖尿病の専門医に相談したとき、多くのお医者さんから「そんなアホみたいな実験をまともな医者はやりません」といわれました。つまり、私たちはちょっとアホであったということが、この研究の決め手だったわけですが、実験結果を見て、お医者さんの目の色が変わりました。「これはおもしろい。すぐ発表しましょう」とおっしゃって、翌月にはアメリカの有名な糖尿病の学会誌に論文として掲載され、ロイター通信や、アメリカのマスコミが世界に伝えてくれたのです。

調べてみると、ガン患者に喜劇や落語を見せたところ、免疫力が高いと活性化するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増えたというデータや、アトピー性皮膚炎の患者に漫才のビデオを一定期間見せたら、症状が軽減したという報告などもあります。こういう実験が進んでいけば、近い将来、薬の代わりにお笑いのDVDを出すような医療機関が出てくるかもしれません。「毎食後、このDVDを見てください」と。

私は、薬はあまりのまないほうがいいと思っています。私の友人で薬屋の社長がいますが、彼はほとんど薬をのみません。なぜなら、薬には副作用があることを、普通の人以上によく知っているからです。副作用のない薬は原則的にないと私は思っています。もし、副作用が全然ない薬があるとしたら、それはまった<効かない薬でしょう。

最近のアメリカの統計によると、アメリカでは年間三十万人が薬の副作用で亡くなってアメリカの死亡率のトップは薬の副作用です。少し前まで十万人といわれていました。ものすごい勢いで増えているのです。日本はその数を発表していませんが、アメリカで起こっていることが、日本で起こっていないわけがない。薬に副作用があるのは、ほほ間違いありません。

中略

眉間にシワを寄せているより、笑顔のほうが自分が気持ちいいし、まわりも気持ちいい。
「笑う門には福来る」といいますし、中国には「一笑一若」という言葉があります。一回笑うと、一つ若返る。西洋では、「笑いは最良の薬」といわれてきました。医者はそんな話を信じていなかったのか、それを科学的に裏づけるデータは極端に不足しています。

しかし、小さなことにくよくよしないで明るく前向きに生きる姿勢が、悪い遺伝子をオフにし、
よい
遺伝子をオンにして、健康や幸福につながっていくことはほぼ間違いのないことです。

楽しいから笑うのではない、笑うから楽しくなるのだともいいます。幸せになる秘訣は、幸せそうにしていることだともいわれます。そういう考え方が、肉体にもいい影響をもたらすのです。

育鵬社:幸せの遺伝子ー「ひらがな言葉」が眠れる力を引き出す!
*現在上画像の単行本は廃番ですが、扶桑社のオンデマンドペーパーバッグ、
    kindle版が発売されています。