村上和雄の本とひととき

No.2『リト』 山元加津子 村上和雄

 『リト』の作者である山元加津子さん(かっこちゃん)は元特別支援学校の教員です。
ドキュメンタリー映画『1/4の奇跡~本当のことだから~』をご覧になった方も
いらっしゃるでしょう。この映画には村上和雄先生も出演しています。

かっこちゃん講演録「みんな生まれてきた意味がある 大好きが起こす奇跡」
生命尊重ニュース(*1)掲載の抜粋をご紹介します。

村上和雄先生との出会い

私は小さい時、変わった子と言われ、運動がひどく苦手でお友達と全く遊べず、
かくれんぼをしていると、周りに大好きな虫や葉っぱがあって、隠れていることを
すっかり忘れてしまう子どもでした。

小学1年の時に、葉っぱの裏にミミズがいました。うんちが土っぽいなと思って
舐めてみると、土だったのです。すごく嬉しくて、わかったと思うと、涙が止まらなく
なりました。双子の妹は何でもできるのに、私はいつもボーっとしているダメな子なんだ
と思っていました。ゾウは大きくて偉い、キリンは背が高くて偉いと思っていたけれど、
ミミズを偉いと思った事はありませんでした。ところが、ミミズがうんちをしたら土に
なっていた。土から芽が出て食べるものができたり、木が育つんだとわかった時、ミミズ
って偉いんだ!と思いました。世の中は平らかで、私は私でいいんだな、と思えたのです。

中学生の時「受精卵が2つになって4つになって同じものがどんどん分かれていくのに、
どうして目や手になっていくんですか」と質間しました。先生は「そんなことは考え
なくてもいい」と言われました。
そしたらなぜか、村上先生の冊子が私の手元に届いたのです。そこには「目は目になる
ように
設計図が書かれてある、全部大丈夫なように作られている。全部授かった命、
とても大切で
いらない人なんて誰もいません」と書いてありました。とても勇気の出る
言葉で、光輝くお星さまのような文章でした。私は嬉しくてしかたなかった。当時、周りの
お友達は郷ひろみさんが好きな時代に「かっこちゃんの憧れの人は誰?」と間かれると
「村上和雄先生」と答えていました。その先生がなぜかわかりませんが、私と雪絵ちゃんが
出ている映画に監督さんが呼ばれて出ておられたのです。一緒の舞台挨拶で私が養護学校の
子どもたちの話をしたら、村上先生は涙をポロポロ流され、涙をふいた鼻紙を渡されました。
それも大事すぎて私には捨てられません。

『リト』は遺伝子をONにする
『リト』を読まれた2人の方からのメールを紹介します。最初は、中学生のはなちゃんと
いう方からです。

「はじめまして、はなです。学校で、友逹に、はなの声って変わっている、変、と
言われたことがきっかけで声が出なくなり、私の声が気持ち悪いと思うのをやめら
れなくなりました。学校も全く行けず、両親と話すのも怖くて部屋から出られなくなり、
病院では精神的なものだと言われました。そんな時、担任の先生が『リト』という本を
プレゼントしてくれました。『リト』を読み終わった時、私はお腹の底か胸の辺りから
声がこみあげてきて、これまでウゥッて何度も声を出そうとしても出なかったのに、
止められない程大きな声がいきなり出て大泣きしました。私は昨日までは死にたいとまで
考えていたのに、今は特別支援学校の先生になりたい、でも村上先生のような生命学者も
いいなと考えるようになりました。私の中にも大きな力がある、と心から納得できました。
昨日学校へ行くと、みんながはな、はなと私の名前を呼んでくれて、以前と同じような
関係で話すことができて楽しかったです。私は前とは違います。『リト』が私を強くして
くれたから。私の遺伝子スイッチがONになったんだと思います。有難うございました」

もう一つメールを紹介します。

「『リト』を読み進める内に、50歳間近の男である私が、涙を堪えることができません
でした。読み終えた時、私は読む前の自分と全く違う自分になっている事に気がつき
ました。コロナの為に仕事を失い貯えも底をつき、やがて家賃さえ払えなくなることに
怯えた私は、自暴自棄になっていました。『リト』を読み終えた途端、私はまだやれる、
コロナをチャンスに新しい事にチャレンジしようと思ったら色々なアイディアが浮かんで
きました。きっとうまくいくと思ったら、喜びや生きている命の感覚が溢れてきました」

今、コロナでお仕事が大変な方が沢山いると思います。でも村上先生は、私たちの遺伝子は
沢山のOFFがあって、ONになっていない所がいっぱいあるよ、と教えて下さいました。
すごい天才で優秀な人と、何もできないと思われている方の間にも差異がない。どこかを
ONにすれば変わっていけると教えて下さいました。

村上先生は『リト』に寄せて「新型コロナウイルスの出現は、母なる地球に無理を強いて
きた人間へのサムシング・グレートのメッセージです。地球規模で互いに助け合うことを
人類に促しているのかもしれません。人類が進化するためにこのピンチは最大のチャンス
です」と書いて下さっています。

■『生命尊重ニュース』2021March Vol.38 No.434より抜粋
(*1)生命尊重センター 月刊誌 http://www.seimeisontyou.org/news.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】
かっこちゃんが、村上先生の伝えたいことをとても素敵な物語に紡いでくださいました。
『リト』の帯には

かっこちゃんがファンタジーで伝える「サムシング・グレート」の世界
私たちは大丈夫。
と書かれています。
ファンタジーだからこそ、ひとのこころの深いところに、真直ぐ届くのかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

右は愛蔵版フリガナ付き

出版社 : モナ森出版 https://eiga377.wixsite.com/monanomori/blank-8

No.1 「遺伝子をONにできるひと、できないひと 」

このHPをお読みくださっている方に
村上和雄の本や講演録のなかから、いま、
お伝えしたいことばをご紹介してまいります。

代表作である「生命の暗号」からの抜粋です。

遺伝子をONにできるひと、できないひと

人間の遺伝子のうち解明された遺伝子はまだわずかです。これら遺伝子が、
A、T、C、Gの四つの化学の文字で表わされる三十億の情報をもとに
細胞をはたらかせるのですが、実際にはたらいているのはわずか五%程度
とみられ、そのほかの部分がどうなっているのかはよくわかっていません。

つまり、まだOFFになっている遺伝子が多いのです。心のあり方で遺伝子の
はたらき方が違ってくるのは、人間の遺伝子のほとんどがOFFになっている
ことと関係があるのかもしれません。私はこのわかっていない遺伝子のなか
にも、心と強く反応する遺伝子があるのではないかと思っているのです。
心そのものは遺伝子に完全には支配されませんが、心が体に命じて何かを
実行するためには遺伝子のはたらきが必要なのです。
では幸せをつかむために、私たちは遺伝子をどうはたらかせればよいのでしょうか?
それは日常生活をはつらつと前向きに生きることだと考えています。
「イキイキ、ワクワク」する生き方こそが人生を成功に導いたり、幸せを
感じるのに必要な遺伝子をONにしてくれるというのが私の仮説なのです。

・・・中略・・・

最近は、「ダメ」を前提に考えて生きている人が多いように思います。これは
遺伝子からみるとけっしてよい生き方とはいえません。「食べすぎはダメ」
「飲みすぎてはいけない」「タバコはやめるべきだ」「塩分は少なめに」
「もっとやせなければ」「栄養に気をつけて」。実はこういうのは
「反遺伝子発想」だといってよいでしょう。

なぜなら、こういう規制のほとんどは統計的な話で、個人個人にとってそれが
本当に正しいかどうかはわからない。たとえば、体脂肪率が二五%以上あることは
すべての人にとって本当にわるいことなのか、実はまだよくわかっていないのです。

タバコを吸うと肺ガンになるといわれていますが、一方でヘビースモーカーで
肺ガンにならない人もけっこういるのです。統計的な話として聞いている分には
正しいが、すべてが自分に当てはまると思ってそれにこだわりすぎると、遺伝子
にはマイナスの影響を与えてしまいます。

この辺のことは、遺伝情報がすべて解明できればはっきりしますが、処方箋は
一人ひとり違うと思うのです。極論になるかもしれませんが、本当に好きなら、
他人に迷惑をかけないかぎりタバコをやめなくてもいい。飲みたいお酒は飲めばいい。
食べたければ食べればいいのです。
少々遺伝子に悪影響があっても、最終的に病気にならなければいいのです。
ガンだって共存できる方法があります。要は不必要な遺伝子はできるだけOFFにして
眠っていてもらい、いい遺伝子をONにしてたくさんはたらいてもらうこと。
その生き方の鍵をにぎっているのが「ものの考え方」だということです。

このような考え方を、私は「遺伝子発想」と呼びたいと思います。遺伝子を上手に
コントロールして生きてほしいのです。

■1997年 サンマーク出版 村上和雄 『生命の暗号』30-33Pより引用

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】

コロナ疲れが日本中蔓延し、何もかも自粛、人と会うこともできず、
行動や考えの最初に「コロナだから・・・」と思ってしまう、そんな
毎日になっていないでしょうか。

「コロナにかかったらどうしよう」と、恐怖でガチガチになることは、
「反遺伝子発想」だと思います。それではたとえコロナにかからなくても、
幸せに生きることから離れてしまうでしょう。

ふ~っと息を吐いて、「好きなことを考えて、好きなことをしよう!」と
「遺伝子発想」で生きることをオススメしたいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


サンマーク出版:「生命の暗号」