村上和雄の本とひととき

No.5 『生きている。それだけで素晴らしい』

このHPをお読みくださっている方に村上和雄先生の本や講演録のなかから、いま、お伝えしたい
ことばをご紹介してまいります。

最近はコロナのことばかりが話題ですが、がんは相変わらず日本人の死亡原因の一位です。
がんの統合医療において、免疫療法などの先駆的治療に取り組まれている阿部博幸先生と
村上和雄先生の共著、「生きている。それだけで素晴らしい」 PHP研究所 からの抜粋です。

第一章 心が幸せを呼ぶ、より

生き方を変えれば末期ガンも治る

村上 日頃の生活の中に笑いを取り入れていければ幸せになれる。笑うためには、感動する、
好きなものを見つけるといったことが大切です。
形だけの笑いだけではなく、心からの笑いが大切ですね。
遺伝子というのは心で動くんですね。笑いと糖尿病の実験で感じたのは、同じ漫才を聞くのでも、さめた気持ちで聞いている人、あまり面白がらない人は血糖値があまり下がらなかったですね。
だから逆につまらない講義でも面白がれば、血糖値は下がるでしょう。

阿部 つまらない講義や面白い漫才が遺伝子のオン/オフを決めるのではなく、それを受け止める心が、オン/オフを左右しているということでしょうね。

村上 心というのはとらえどころがなくて、なかなか科学にはならなかったのですが、遺伝子を
介在させると、科学的に説明ができそうです。
先生が専門でやっておられるガン治療も、気持ちが非常に重要だと思います。先ほど、気持ちの
もち方でガンの経過が違うとおっしゃいましたが、具体的にはどんな例がありますか。
ガンという言葉を聞いて、それだけで滅入ってしまっている人なんか、治りにくいんでしょうね。といって笑っているわけにはいきませんからね。

阿部 そうですね。ガンと聞いて笑えれば一番いいのでしょうが、なかなかそうはいきません。
大体、落ち込んでしまいます。
傾向として、もう頭の中がすべてマイナスになっている人は免疫力が上がりにくいですね。お先
真っ暗だと、ネガティブになっている。いくら「あなたよりもはるかに進行したガンの人がこんなによくなっていますよ」と言っても、私は違う、ダメだと思い込んでいる人は、決して治るという方向にアンテナを向けないですね。
逆に、前向きの人は驚くような結果を出しています。

例えば、私の印象に残っている人では、卵巣ガンの患者さんですが、卵巣ガンというのは、生殖
細胞ですからなかなかやっかいで、かなり治療が難しい。
そのうえ、その女性は、経済的にも余裕がない状態だったので、治療法も限られてきます。
ところが、彼女はたまたまガン保険に入っていました。余命六カ月以内なら保険が下りるという
わけです。

地元の病院では、半年以内だという診断が出されていたことがわかりました。いいのか悪いのか
わかりませんが、彼女は保険金が入ったのをラッキーとばかりに喜んで、その保険金を私の治療法に全部使いたいと言うわけですよ。
先ほども申し上げましたが、私のやっているNK細胞療法というのは、自分の血液の中からNK細胞を取り出して体外で10億個にまで増やし、活性化させてから体内に戻すという治療法です。効果はかなりありますが、費用も決して安くないし、もちろん100パーセント成功ということではないですから、とにかくやってみたいと、目をきらきらさせて言うわけです。

これはいけるかもしれないという感覚はありました。しかし、余命半年以内というのが現状です。それも卵巣ガン。予断は許さない状態であることには変わりありません。ステージでいえば4期ですから。

ところが治療を始めて、宣告された六カ月はとうに過ぎてすっかり元気になった。今では息子の
ために料理屋を開くというので張りきっています。食材の調達に海外まで出かけて行くくらいで、とても余命半年だった人とは思えません。腫瘍マーカーも劇的に下がってきていますしね。心の
もち方一つ、それと目標をもつ、夢をもつということの大切さを教えてくれた患者さんです。

村上 それはすごい話ですね。ふつう、患者さんにしてみれば、できれば手術なんかしたくないし、薬も飲みたくないわけですよ。でも、今の医療は、それ以外のメニューがないから、患者さんも仕方なく受けるしかありません。西洋医学は進歩したと言われているし、実際に進歩していますが、それでもなぜか病気は治らない。医療費が増えるばかりですよね。

何でだろうと思うんだけど、やっぱりこれは心の問題が抜けているからではないかと、笑いと
遺伝子の研究をやっていると、そう考えざるを得ないですね。
心や感情が遺伝子のオン/オフをコントロールして、それが、病気が治るとか治らないに大きな
影響を与えているのだと思いますね。

阿部 ある胃ガンの患者さんも、まず自分がガンであることをしっかりと受け止め、「俺はガン
なんだ」と自分に言い聞かせ、次に「絶対に治すぞ」と心に決めました。さまざまなサプリメント、食餌療法、それから温泉にも行って、徹底的にガン治療をしています。この人には、自分で
治すんだという信念みたいなものを感じました。そうしたらガンの進行がピタッと止まってしまったのです。
陽気で前向きで、まだやることがあるぞという人は、いい結果が出ていますね。

村上 ガンになることで、価値観が変わってくるんでしょうね。生き方やものの見方が変わってくるのでしょう。

環境を変えると眠っている遺伝子をオンにすることができます。 思ってもみなかった能力が発揮されたりするわけですね。私も、アメリカに行って、いろいろな目覚めが起こりました。

でも、基本的に人間というのは、あまり変化したがりません。変化は不安定ですから、できれば
昨日と同じように平穏に今日も過ごしたいと思うわけです。

ガンという病気は、平穏な毎日に投げかけられた大変な波紋です。変化したくなくても変化せざるを得ない出来事です。

遺伝子が目覚めざるを得ない。問題はどんな遺伝子が目覚めるかです。アメリカヘ行ったとき、私はおかげで好ましい遺伝子がオンになって、想像もできなかった研究の発展があった。でも、例えば夏目漱石は、イギリスヘ行ったことでストレスをため、胃を壊してノイローゼ状態になってしまいました。好ましくない遺伝子がオンになったのでしょう。

変化が起こったとき、それをどう受け止めるかで、どの遺伝子がオンになるか決まってくる。ガンになった人が、気持ちのもち方で、その後の経過が違ってくるというのは、そんなことが影響しているのではないかと思いますね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】

ガンという病気は、平穏な毎日に投げかけられた大変な波紋です。変化したくなくても変化せざるを得ない出来事です

村上先生は「前向きな心、陽気な心が良い遺伝子のスイッチをONにする」と言い続けてこられま
した。この本では、がんをずっと診てこられた阿部博幸医師との対談で、治癒していく人とはどのような人であるか、が語られています。つまり、生きることに対する向き合い方が、がんの治癒に大きくかかわっているというのです。
科学者と医師というサイエンス分野の二人が、科学や医学を超え、「生きる」ことについて語りあった一冊です。
今、世界に起きている大きな変化を、どのような気持ちで受け止めていくか。それによって未来はつくられる。ひとりの思いは偉大な力を持っていると感じました。

PHP研究所:生きている。それだけで素晴らしい~遺伝子が教える「生命」の秘密~

「アホは神の望み」電子書籍が今、50%オフです

前回ご紹介しました村上和雄先生の著書「アホは神の望み」がいま、サンマーク出版の電子書籍
ストアオープンセール
で、50%OFFで購入できるそうです。

現在「アホは神の望み」は文庫版が販売されていますので、なんと299円!で購入できます。11/21まで!) 詳細は下記URLをご覧ください。

https://ydm.sunmark.co.jp/

紙の本も大好きですが、電子書籍はいつでもどこでもスマホやタブレット、PCで読めますし、
断捨離をして本を増やしたくない方にも便利ですよね。そして最近、本を読むと目が疲れる、
という方でも、文字を大きくして読めるのが有り難いです。私は紙の本と電子書籍を使い分けて
います。

そして今なら「アホは神の望み」オーディオブックも50%オフの880で購入できるそうです。
こちらは、ナレーターが読んでくれる、耳で聴く読書。ラジオを聴くように、作業しながらでも
読書ができるっていいですね。
「オーディオブック」は様々な能力を高めるといわれています・・・と書かれていましたが、
確かに通常の読書とは違う脳部位を刺激するかもしれません。
詳細URLは下記です。

https://audiobook.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%81%AF%E7%A5%9E%E3%81%AE%E6%9C%9B%E3%81%BF

さまざまな読書の形を選べる、良い時代です。

 

サンマーク出版

No.4 インテリの悲観論よりアホの楽観論

このHPをお読みくださっている方に村上和雄先生の本や講演録のなかから、いま、お伝えしたい
ことばをご紹介してまいります。

2008年に出版された「アホは神の望み」(サンマーク出版)からの抜粋です。異色のタイトルも、
ですが、私は装丁がとても好きです。夜明け直前の海かもしれません。水平線の空と海が淡いピンクから紫、ブルーのグラデーションを描いていて、もうすぐ日が昇る、という希望を感じます。

第2章 陽気であきらめない心 より

インテリの悲観論よりアホの楽観論

ときどき日本人ほど心配性の人種はいないのではないかと思うことがあります。世界トップの長寿国でありながら病気や健康の心配ばかりしている。世界にこれほど安全な国はまれなのに、近ごろは安心して町を歩けないなどと治安の悪さを嘆いている。

そういう心配がゼロというのではないが、これは顕微鏡で見るべきものを拡大鏡で見ているようなものです。つまり、一部の悪材料を必要以上に拡大解釈して、悩みの種を自分で広げている。なぜそうなのかを考えて、一つ思い当たるのは、悲観的なことは高尚めいて見える点です。ある事柄を肯定的にとらえるよりも、否定的にとらえるほうが、それについて深く考えているように見える。だから、インテリと称される人ほど悲観論をぶちたがるものです。

中略
病気の治る人とは病気を忘れてしまう人という説があるそうです。病気になると治そう治そう、治りたい治りたいとがんばる人がいますが、こういう人も病気に意識やエネルギーを集中させることでかえって病気にとらわれてしまい、治りにくいタイプに分類されてしまうというのです。納得できる話です。

反対に、すべき治療をしながら、その結果については「前向きに放棄している」人。プロセスに力を尽くすが、結果は天の意思に預けてしまう人。こういう人は病気に心をとらわれることが少ないので、そもそも病気になりにくく、また、治りやすいタイプなのです。

中略
プロローグで紹介したアップルのスティーブ・ジョブズは自分でつくった会社をクビになった直後築き上げてきたものをすべて失った気がして、しばらくの間は精神的にどん底をさまよったといいます。しかし、やがてアップルを追い出されたことは人生最良の出来事だったと感じるようになりもう一度、一から出直そうという気持ちを取り戻すことができたそうです。

その変化をジョブズは、「成功者であることの重みがビギナーであることの軽みに変わったから」と述べています。それまで構築してきたものを失ったことは大きなショックであったにはちがいないが、同時にそれは、自分の背中からよけいな荷物を下ろし、そのぶん自由度が増して人生をリセットすることにつながったというのです。

そして彼はピクサーという新しい映像制作会社を興し、生涯の伴侶となる女性とも出会い、ふたたびアップルヘ戻って傾きかけていた同社を再興させていくのですが、そうしたこともアップルをクビになっていなければ何一つ起こらなかった。だから、人生には「ひどい味の薬」が必要なのだとも述べています。

ここから学べるのは、ものごとは見方一つ、 とらえ方一つで重くもなれば軽くもなるということです。否定的に考えようとすれば、いくらでも否定的に考えられること、この場合は、持てるものを失ったことを「しがらみから自由になった」と肯定的に考えることによって、心のありようがガラリ一変して、前へ進む力になったのです。

人生における失敗やつまずきはたしかに「ひどい味の薬」といえます。しかしそのことを、「薬であるにせよひどい味だ」とネガティブにとらえるか、「ひどい味だが薬にはちがいない」とポジティブに考えるかで、失敗から得るものもずいぶん違ってくるはずです。

楽観論は悲観論より「アホ」かもしれないが、人生を強く生きるためのダイナモとしては悲観論
よりよほど強力なものなのです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で述べた有名なスピーチのなかに、
「 Stay hungry , Stay foolish 」
という言葉があります。
「アホは神の望み」は、
この言葉にインスパイアーされたのではないでしょうか。

ジョブズのスピーチ↓も合わせて読んでみてください!!

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式スピーチ 2005 – Stay hungry, Stay foolish.
貪欲であれ、愚直であれ。(翻訳:小野晃司)
http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html

サンマーク出版:「アホは神の望み」

No.3 新しい生き方のヒント「新3S」

このHPをお読みくださっている方に村上和雄の本や講演録のなかから、
いま、お伝えしたいことばをご紹介してまいります。

最新作で遺稿となった「コロナの暗号」からの抜粋です。

新しい生き方のヒント「新3S」

「3S政策」という言葉をご存じでしょうか。第二次世界大戦後、アメリカが戦後の
日本を骨抜きにしようと考えたといわれる政策です。
3Sは、Sports (スポーツ)、
Screen (映画)、Sex (セックス)のことです。
国民が社会不安や政治のことに目を
向けないように、こういう娯楽や欲望で誤魔化
してしまおうというものです。

この政策とは逆に、私はいま、日本の国力を高めるための「3S」を提唱しています。
村上版「新3S」は以下のとおりです。

・Science  サイエンス = 科学

・Spirituality  スピリチュアリティ = 霊性

・Sustainability  サスティナビリティ = 持続可能性

サスティナビリティとは平たくいえば、環境やエネルギー問題を考えて、「よいもの
を長く使うライフスタイル」といった意味です。

この三つの考え方は、いままでにも理論としてはありましたが、サイエンス以外の
二つはあまり重視されてきませんでした。それぞれが相互に関係を持って機能する
こともありませんでした。

もともとサイエンスとスピリチュアリティは、科学と宗教性という対立的な概念
として捉えられていましたし、サスティナビリティは大量消費の使い捨て社会の
中でほとんど目を向けられていませんでした。

しかし、これからはこの三つのSがあらゆる社会システムの基盤として認識される
ことが必要ではないでしょうか。

まず、サイエンスですが、広島や長崎の悲劇も、チェルノブイリや福島の原発事故
も、科学には大きな責任があります。科学が、原子力という想像を絶するエネルギー
を発見したがために、人類を危機に直面させる事態となったのです。

しかし、だからといって科学を否定することはできないと私は思っています。
科学は、「生命はどこからきたのか?」「宇宙はどうやって誕生したのか?」という、
人類がずっと持ち続けてきた根源的な問いに立ち向かっています。

私はむしろこれからは、いままで分からなかった、見えなかったスピリチュアル
の分野が、科学の進歩によって明らかになっていくのではないかと思います。
スピリチュアリティは科学である、という時代に向かっていくでしょう。そして
サスティナブルな世界もまた、科学によって実現していくものだと思います。

ですから、戒めなければならないのは、科学が一握りの人の利益のために使われたり
独占されたりすることです。科学とは人類の幸福のためにあることを、改めて肝に
銘じなければなりません。

■2021年 幻冬舎 村上和雄 『コロナの暗号』227-229Pより引用

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】

いま、世界は大きく変化していると多くの方が感じているのではないでしょうか。
そのきっかけがパンデミックであることは異論がないと思います。ですが、ポスト
コロナの時代はどのようになっていくのか、渦中にいる今はだれにもわかりません。

村上先生は「これから私たちがどのような社会を作っていくか」についてのヒントを
この本に残してくださいました。

幻冬舎:「コロナの暗号」

No.2『リト』 山元加津子 村上和雄

 『リト』の作者である山元加津子さん(かっこちゃん)は元特別支援学校の教員です。
ドキュメンタリー映画『1/4の奇跡~本当のことだから~』をご覧になった方も
いらっしゃるでしょう。この映画には村上和雄先生も出演しています。

かっこちゃん講演録「みんな生まれてきた意味がある 大好きが起こす奇跡」
生命尊重ニュース(*1)掲載の抜粋をご紹介します。

村上和雄先生との出会い

私は小さい時、変わった子と言われ、運動がひどく苦手でお友達と全く遊べず、
かくれんぼをしていると、周りに大好きな虫や葉っぱがあって、隠れていることを
すっかり忘れてしまう子どもでした。

小学1年の時に、葉っぱの裏にミミズがいました。うんちが土っぽいなと思って
舐めてみると、土だったのです。すごく嬉しくて、わかったと思うと、涙が止まらなく
なりました。双子の妹は何でもできるのに、私はいつもボーっとしているダメな子なんだ
と思っていました。ゾウは大きくて偉い、キリンは背が高くて偉いと思っていたけれど、
ミミズを偉いと思った事はありませんでした。ところが、ミミズがうんちをしたら土に
なっていた。土から芽が出て食べるものができたり、木が育つんだとわかった時、ミミズ
って偉いんだ!と思いました。世の中は平らかで、私は私でいいんだな、と思えたのです。

中学生の時「受精卵が2つになって4つになって同じものがどんどん分かれていくのに、
どうして目や手になっていくんですか」と質間しました。先生は「そんなことは考え
なくてもいい」と言われました。
そしたらなぜか、村上先生の冊子が私の手元に届いたのです。そこには「目は目になる
ように
設計図が書かれてある、全部大丈夫なように作られている。全部授かった命、
とても大切で
いらない人なんて誰もいません」と書いてありました。とても勇気の出る
言葉で、光輝くお星さまのような文章でした。私は嬉しくてしかたなかった。当時、周りの
お友達は郷ひろみさんが好きな時代に「かっこちゃんの憧れの人は誰?」と間かれると
「村上和雄先生」と答えていました。その先生がなぜかわかりませんが、私と雪絵ちゃんが
出ている映画に監督さんが呼ばれて出ておられたのです。一緒の舞台挨拶で私が養護学校の
子どもたちの話をしたら、村上先生は涙をポロポロ流され、涙をふいた鼻紙を渡されました。
それも大事すぎて私には捨てられません。

『リト』は遺伝子をONにする
『リト』を読まれた2人の方からのメールを紹介します。最初は、中学生のはなちゃんと
いう方からです。

「はじめまして、はなです。学校で、友逹に、はなの声って変わっている、変、と
言われたことがきっかけで声が出なくなり、私の声が気持ち悪いと思うのをやめら
れなくなりました。学校も全く行けず、両親と話すのも怖くて部屋から出られなくなり、
病院では精神的なものだと言われました。そんな時、担任の先生が『リト』という本を
プレゼントしてくれました。『リト』を読み終わった時、私はお腹の底か胸の辺りから
声がこみあげてきて、これまでウゥッて何度も声を出そうとしても出なかったのに、
止められない程大きな声がいきなり出て大泣きしました。私は昨日までは死にたいとまで
考えていたのに、今は特別支援学校の先生になりたい、でも村上先生のような生命学者も
いいなと考えるようになりました。私の中にも大きな力がある、と心から納得できました。
昨日学校へ行くと、みんながはな、はなと私の名前を呼んでくれて、以前と同じような
関係で話すことができて楽しかったです。私は前とは違います。『リト』が私を強くして
くれたから。私の遺伝子スイッチがONになったんだと思います。有難うございました」

もう一つメールを紹介します。

「『リト』を読み進める内に、50歳間近の男である私が、涙を堪えることができません
でした。読み終えた時、私は読む前の自分と全く違う自分になっている事に気がつき
ました。コロナの為に仕事を失い貯えも底をつき、やがて家賃さえ払えなくなることに
怯えた私は、自暴自棄になっていました。『リト』を読み終えた途端、私はまだやれる、
コロナをチャンスに新しい事にチャレンジしようと思ったら色々なアイディアが浮かんで
きました。きっとうまくいくと思ったら、喜びや生きている命の感覚が溢れてきました」

今、コロナでお仕事が大変な方が沢山いると思います。でも村上先生は、私たちの遺伝子は
沢山のOFFがあって、ONになっていない所がいっぱいあるよ、と教えて下さいました。
すごい天才で優秀な人と、何もできないと思われている方の間にも差異がない。どこかを
ONにすれば変わっていけると教えて下さいました。

村上先生は『リト』に寄せて「新型コロナウイルスの出現は、母なる地球に無理を強いて
きた人間へのサムシング・グレートのメッセージです。地球規模で互いに助け合うことを
人類に促しているのかもしれません。人類が進化するためにこのピンチは最大のチャンス
です」と書いて下さっています。

■『生命尊重ニュース』2021March Vol.38 No.434より抜粋
(*1)生命尊重センター 月刊誌 http://www.seimeisontyou.org/news.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】
かっこちゃんが、村上先生の伝えたいことをとても素敵な物語に紡いでくださいました。
『リト』の帯には

かっこちゃんがファンタジーで伝える「サムシング・グレート」の世界
私たちは大丈夫。
と書かれています。
ファンタジーだからこそ、ひとのこころの深いところに、真直ぐ届くのかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

右は愛蔵版フリガナ付き

出版社 : モナ森出版 https://eiga377.wixsite.com/monanomori/blank-8

No.1 「遺伝子をONにできるひと、できないひと 」

このHPをお読みくださっている方に
村上和雄の本や講演録のなかから、いま、
お伝えしたいことばをご紹介してまいります。

代表作である「生命の暗号」からの抜粋です。

遺伝子をONにできるひと、できないひと

人間の遺伝子のうち解明された遺伝子はまだわずかです。これら遺伝子が、
A、T、C、Gの四つの化学の文字で表わされる三十億の情報をもとに
細胞をはたらかせるのですが、実際にはたらいているのはわずか五%程度
とみられ、そのほかの部分がどうなっているのかはよくわかっていません。

つまり、まだOFFになっている遺伝子が多いのです。心のあり方で遺伝子の
はたらき方が違ってくるのは、人間の遺伝子のほとんどがOFFになっている
ことと関係があるのかもしれません。私はこのわかっていない遺伝子のなか
にも、心と強く反応する遺伝子があるのではないかと思っているのです。
心そのものは遺伝子に完全には支配されませんが、心が体に命じて何かを
実行するためには遺伝子のはたらきが必要なのです。
では幸せをつかむために、私たちは遺伝子をどうはたらかせればよいのでしょうか?
それは日常生活をはつらつと前向きに生きることだと考えています。
「イキイキ、ワクワク」する生き方こそが人生を成功に導いたり、幸せを
感じるのに必要な遺伝子をONにしてくれるというのが私の仮説なのです。

・・・中略・・・

最近は、「ダメ」を前提に考えて生きている人が多いように思います。これは
遺伝子からみるとけっしてよい生き方とはいえません。「食べすぎはダメ」
「飲みすぎてはいけない」「タバコはやめるべきだ」「塩分は少なめに」
「もっとやせなければ」「栄養に気をつけて」。実はこういうのは
「反遺伝子発想」だといってよいでしょう。

なぜなら、こういう規制のほとんどは統計的な話で、個人個人にとってそれが
本当に正しいかどうかはわからない。たとえば、体脂肪率が二五%以上あることは
すべての人にとって本当にわるいことなのか、実はまだよくわかっていないのです。

タバコを吸うと肺ガンになるといわれていますが、一方でヘビースモーカーで
肺ガンにならない人もけっこういるのです。統計的な話として聞いている分には
正しいが、すべてが自分に当てはまると思ってそれにこだわりすぎると、遺伝子
にはマイナスの影響を与えてしまいます。

この辺のことは、遺伝情報がすべて解明できればはっきりしますが、処方箋は
一人ひとり違うと思うのです。極論になるかもしれませんが、本当に好きなら、
他人に迷惑をかけないかぎりタバコをやめなくてもいい。飲みたいお酒は飲めばいい。
食べたければ食べればいいのです。
少々遺伝子に悪影響があっても、最終的に病気にならなければいいのです。
ガンだって共存できる方法があります。要は不必要な遺伝子はできるだけOFFにして
眠っていてもらい、いい遺伝子をONにしてたくさんはたらいてもらうこと。
その生き方の鍵をにぎっているのが「ものの考え方」だということです。

このような考え方を、私は「遺伝子発想」と呼びたいと思います。遺伝子を上手に
コントロールして生きてほしいのです。

■1997年 サンマーク出版 村上和雄 『生命の暗号』30-33Pより引用

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【ホンのひとこと】

コロナ疲れが日本中蔓延し、何もかも自粛、人と会うこともできず、
行動や考えの最初に「コロナだから・・・」と思ってしまう、そんな
毎日になっていないでしょうか。

「コロナにかかったらどうしよう」と、恐怖でガチガチになることは、
「反遺伝子発想」だと思います。それではたとえコロナにかからなくても、
幸せに生きることから離れてしまうでしょう。

ふ~っと息を吐いて、「好きなことを考えて、好きなことをしよう!」と
「遺伝子発想」で生きることをオススメしたいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


サンマーク出版:「生命の暗号」