天理医療大学 公開講演会(2016/5/14)

去る5月14日天理医療大学(天理市)で村上和雄先生公開講演会が開催されました。当日は演題「こころが遺伝子の働きを コントロールする」のお話しがございました。村上先生は講演の中で、極微の世界である核の中に、万巻の書物に匹敵する情報が遺伝子という言葉によって書かれていること、その遺伝子が現在ただいまも体の中で働き続けているおかげで私たちは生きていること、この万巻の書を書いたのは人ではなく自然であり、しかも我々がよく知る海や山などの自然とは違う、サムシング・グレートと呼ぶべき存在であることをを感じ、その発見に大変感動されたことを語られました。その後、天理医療大学学長吉田 修先生との対談が行われました。お二人はともに京都大学第16代総長を務められた平澤興先生に深く師事され、そのお人柄と研究や教育への姿勢に感銘を受けられたことを語られました。講演には医療の仕事を志す学生さんたちが多く参加されていましたが、今日の話が将来どこかで役に立つのではないか、と思いました。

私たちバイオ研究所のメンバーは、初めて天理の地を訪れ、村上先生の原点に触れることができて深く感じ入りました。天理はとても静かで温かく、素朴でありながら凛とした気に満ちておりました。皆、天理の地から元気をいただきました。

DSC_0071 (2) DSC_0101 (2) DSC_0126 (2) DSC_0137 (2)

by staff  S

村上和雄 『Technologist’s magazine 』創刊号に登場

研究者のためのヒューマンドキュメント誌 『Technologist’s magazine 』が

株式会社クリーク・アンド・リバー社から創刊されました。

記念すべき創刊号の表紙と、「研究者の肖像」コーナーは村上和雄です。

大学や企業の研究室に配布されるそうですので、見かけた方は是非読まれてください。

研究者 村上和雄の軌跡を知ることができ、若いころの写真もたくさん掲載されています!

一般の方で是非読みたいという方は、下記アドレス宛にお問い合わせ、お申込みしてください。

(定価515円だと思います)

prof@hq.cri.co.jp

株式会社 クリーク・アンド・リバー社

〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目10番9号C&Rグループビル
TEL:03-4550-6045(直通)FAX:03-4550-0018

テクノロジストマガジン表紙 テクノロジストマガジン見開き テクノロジストマガジン創刊号

人体科学会 第24回大会 「身心変容と人体科学」

11/29~11/30に京都大学こころの未来研究センターにて人体科学会第24回大会が開催されました。テーマは「身心変容と人体科学」です。当研究会は演題「医療従事者のコヒーレンス感覚と共感性の関係についての検討」の発表を行いました。

人体科学会は「人間性の本質について学際的・総合的な視点から科学的に研究することを目的」として、様々な分野で活躍されている方が参加する、学際的な学術研究団体です。

本大会の真骨頂は、大会実行委員長で京都大学こころの未来研究センター教授の鎌田東二先生が司会された公開シンポジウム「身心変容と脳科学」だったと思います。その熱気は大変なものでした。

シンポジストの先生方のご発表は、人間の身心について私たちが非常に小さな枠の中でしかとらえていない、知らないということをあらためて教えていただきました。もちろん「心と遺伝子研究会」では心が遺伝子発現に影響を与えることを研究しているのですから、心が身体を変化させることについては確信しています。それでも、シンポジストのお一人永澤哲先生の「瞑想する脳科学」に書かれていたチベット仏教に関する映像には本当に驚嘆!しました。

私たちは秋の京都を訪れるのは初めてだったのですが、とんでもない人出でごった返していました。でも紅葉の古都は格別で、人ごみを我慢してでも一度は訪れる価値があるな~と思いました。(JRの宣伝みたいですが)

2014jinntaikagaku in kyoto人体科学会2014京都CIMG1255 人体科学会2014京都CIMG12622014kamogawa

会場の京大稲盛財団記念館は鴨川沿いにあり、その風景がまた素晴らしくて、ほんの少しだけ河原を歩いてみましたがとても気持ち良く、きっとここなら身心変容もしやすいのではないかと深く感じました。

そういえば村上和雄も京都大学出身!やはり京都は違います、なにもかもが(わ)(^.^)  by sakamoto

村上和雄 中外日報「提言」⑤

今日は中外日報「提言」⑤2014年6月4日掲載分(最終回)です。

朝夕秋の気配がしてまいりましたが、なにより今年は大雨の影響が深刻です。夏の夕立のような風流なものではなく、局地的に短時間に滝のように雨が降るというのは、私が小さいころには経験がありません。地球規模で気候もどんどん変わってきているようですね。

大きく変わる環境の中で人は変わらないものを求めているのかもしれません。

中外日報140604「提言」

今年の4/2から6/4までに全5回、中外日報に連載されました「提言」を掲載いたします。

本日は2014年4月2日掲載分です。中外日報140402「提言」

村上和雄講演 in 和歌山

村上和雄が下記のイベントで講演を行います。

New 洗顔洗心塾全国大会 in和歌山
日時:2014年7月5日(土)
会場:ダロワイネットホテル和歌山
〒640-8156 和歌山県和歌山市七番丁26-1

7月5日(土)
第一部:洗顔洗心塾 12:00~17:30(受付開始:11:30)
『体験発表』
『記念講演』

ザチョゼ・リンポチェ師
筑波大学名誉教授 村上和雄先生
今野華都子

詳細は下記をご覧ください
http://www.konno-katsuko.com/イベント-講演会情報/2014和歌山全国大会