投稿者「mind-gene」のアーカイブ

「笑う門には福来る」

対談2 大西先生1 大西先生2

11/2(日)に、心と遺伝子研究会の研究員 大西淳之(東京家政大准教授)が、神奈川県立図書館開館60周年特別記念イベント マグカルフェスティバルにおいて講演を行いました。

「笑い」は笑いごとではない
~健康にとっていい「笑い」とはなにか?~
大西淳之   (東京家政大学准教授・心と遺伝子研究会)

私たちの研究グループでは「笑い」や「幸福感」のような陽性な感情が、こころと身体を健康な状態に変化させるのではないか、という仮説を科学的に証明しようとしています。
私どもはこれまでに、漫才鑑賞による「笑い」が、2型糖尿病患者の食後血糖値の上がりすぎを抑え、「活気」を増加させることを明らかにしました。このような「笑い」は、免疫細胞にも働きかけて免疫活性を適切な状態に補正し、免疫細胞の遺伝子のはたらきも調節することがわかりました。

この研究結果は、ロイター通信やニューズウィークにも取り上げられ世界に紹介されました。

また「笑うネズミ……(?!)」を用いた実験を紹介します。この実験から、「嬉しい・楽しい感情」が怖い体験から生まれたストレスを軽減できることが明らかとなりました……

当日は定員を大きく上回る応募者があり、抽選に当ったラッキーな皆様の前で「笑い」が心身にもたらす効用について、当研究所での研究成果や昨今の研究事情を交え、楽しくお話しさせていただきました。

講演後、落語家の 春風亭 笑松さんの落語解説があり、その後春風亭笑松さんと大西淳之の「笑い」についての対談と続く、ユニークな企画でした。

ご参加の方からは、「今回の企画とてもよかった」「笑いの効用心にしみました」「とてもためになって楽しみました」「「笑う門には福来る」のパートⅡを企画してもらえれば」「もっと大きな会場で、たくさんの人に聞いてもらったらよかった「もったいない」の気持ちがいっぱいです」 等々ありがたい感想をいただき、皆様のお役にたてたかな、と嬉しく思っております。

今回の企画、科学と文化のコラボレーションという意味でも、また地域活性化のイベントとしても面白い試みですね!

横浜にぎわい座
http://nigiwaiza.yafjp.org/

米国のサイエンティフィックアメリカンの電子版に私たちの研究が紹介されておりました

ラットの快情動の研究です。
2013,4月にupされたものですが、Neuroscience Letters, 2013の論文内容についてです。
鋭い指摘もありますので、今後の参考にしたいと思います。
ご興味のある方は、アクセスしてみてください。
Hori

http://blogs.scientificamerican.com/scicurious-brain/2013/04/22/to-calm-a-rat-with-tickling/

高野山 「祈り INORI」~サムシング グレート との対話~上映会とシンポジウム

高野山で映画「祈り」の上映会とシンポジウムが、

白鳥監督をお迎えして行われます。

日時: 平成26年11月15日(土) 13時開演

入場料: 一般1,500円 大学生以下1,000円

会場: 高野山大学 黎明館

a4_omote_s2000

高野山祈りチラシ裏

主催は当研究会が実験で大変お世話になっています、

弘明寺の美松和尚が主宰される「病苦研究会」です。

紅葉が美しい季節に幽玄な高野山を訪ねてみませんか?

弘法大師さまが今もおわします聖地で何かを感じられると思います。

第7回 CSRフォーラム 村上和雄 講演会 in 山形

「スイッチ・オンの生き方 ~遺伝子が目覚めれば、人生が変わる~」

日  時 2014年11月16日(日)

開場 18:00 開演 18:30 閉演 20:30

会  場:  山 形国際交流プラザ 山形ビッグウィング  2階 大会議室

〒990-0076 山形市平久保100番地 TEL 023-635-3100

参加費大人/2,000円学生/1,000円

チケットのお申込み

20141116s01 アイタックル講演2014

お申込みはこちら

講演に関するお問い合せは・・・
株式会社アイ・タックル 0120-421-180
または

第4回 創造くまもと時局 村上 和雄 講演会

村上和雄講演会2014熊本

 遺伝子が目覚めれば、人生が変わる

「スイッチ・オンの生き方」-あなたの思いが遺伝子の働き(オン・オフ)を決める-

 講 師 : 村上 和雄 筑波大学名誉教授

日 時 : 平成26年11月5日(水)  開場18:30  開演19:00

場 所 : 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)大ホール

TEL096-355-5235

入場料 : 1,000円

※チケット制になっております。

事前に創造くまもと事務局へお問い合わせ下さい。

http://sozo-kumamoto.jp/news/

脳は生涯にわたり発達し続ける 産経新聞「正論」2014/9/26掲載

脳は生涯にわたり発達し続ける 筑波大学名誉教授・村上和雄
2014.9.26 05:02[正論]産経140926

黄金期を迎えつつある脳研究によって、私たちが従来教えられてきた脳に関する常識は、次々と破られてきた。

例えば、傷ついた脳が自然に治ることはないという通説は誤りで、脳神経細胞は環境に応じて再配線できる。

さらに運動、精神的活動、社会的なつながりが、神経細胞の発展を促すといった事実が判明した。従って、脳の働きは決して固定的なものではなく、作り替えが可能である。以前なら思いもよらなかったような驚異の治癒力が脳に備わっていることが分かった。

《脳の働きを制御するのは心》

脳から全身の細胞に指令が出ているから、脳は身体を動かすリーダーのように見えていた。しかし、決してそうではなかった。

脳を動かしているのは、自分の心であり、意識だ。脳はテレビやラジオの受信機のようなものであり、心や意識が真の創造者である。脳は私たちが「できる」と思っていることしかできない。逆にいえば、「できない」と考えていることはできないのだ。

このダイナミックでしなやかな脳の働きは、遺伝子の働きに関する最近の研究とよく符合する。

ヒトの全遺伝情報(ゲノム)の解読以前は、DNAは生命の設計図であり身体の働きを支配していると考えられていたが、事実は違っていた。

DNAは単なる設計図にすぎず、それも環境によって書き換え可能な設計図である。従って、生命はDNAに支配されていなかった。それでは、生命を支配しているのは脳か? そうではない。

脳は、前に述べたように情報の受信装置のようなものであり、受信装置そのものが歌ったり、考えたり、ドラマを制作したりするものではない。

真の制作者は、DNAや脳ではなく「人間の意識」であると考えざるを得ない。そして、生命の真の創造者は、人間の意識をも超えた大自然の偉大な働き「サムシング・グレート」だといえる。

《脳には無限の可能性がある》

心身医療の分野で世界のリーダーであるディーパック・チョプラ博士は、身体と心を統合的に癒やす独自の理論を展開して成果を上げている。彼は米誌タイムによる「20世紀の英雄と象徴100人」にも選出されている。

ごく最近、チョプラ博士と対談する機会があった。彼の考え方は、私どもが「心と遺伝子研究会」で10年にわたり研究し、発見した実験結果や考えに驚くほど近いことが分かり、今後、情報交換しようということになった。

博士の近著「スーパーブレイン」(ディーパック・チョプラ、ルドルフ・E・タンジ共著、保育社)の翻訳にも携わり、多くのことを学んだ。博士は次のように述べている。

慢性病は意識がつくり出している。怒りや恨みや憎しみなどの感情を持つと、それが悪い遺伝子を活発にしてしまい、ガンや心臓病の原因となる炎症を起こす。一方、喜びや愛、他人の成功を喜ぶという感情を持つと、良い遺伝子が活発になり、身体は病気にかかりにくくなって、肉体年齢も若返る。脳には心と身体と外界のバランスをとる自己制御装置があり、これを上手に使うことによって、素晴らしい人生を築くことができる-と。

脳に使われるのではなく、脳を上手にコントロールして使うことが肝心だ。そのためには、固定観念を捨て去り、柔軟性を持ってリラックスすること、素直であること、心配しないことなどが大切である。そうすることにより、あらゆる局面を切り開くことが可能になる。

身近なところでは、なかなかできないダイエット、振り払えない心の傷、仕方がないとあきらめていた体力の減退、脳の老化にかかる認知症や鬱病まで克服できる可能性がある。

《遺伝子のオンとオフで進化》

脳は現在も環境や心と相互に作用しながら進化を続けている。今や、ヒトの全遺伝情報(ゲノム)とチンパンジーのゲノムを比較することができるようになった。

そこで判明したのは、ヒトにはあるもののチンパンジーにはないという遺伝子は一つもないということだ。では、ヒトとチンパンジーのゲノムはどこが違うのか。それは、タンパク質をコードする配列ではなく、遺伝子のオンとオフに関与する配列にあった。

脳は固定的で、機械的で、確実に衰えていくものだと思われていた。しかし、実際の脳の姿は全く異なることが分かっている。この瞬間も私たちの脳は変化を続けており、新しい現実を生み出している。

人は心の持ちようを変えることによって、遺伝子のオンとオフを切り替えれば、一生涯進化できる可能性がある。

一般に、頭がいい人と悪い人がいるといわれているが、脳そのものにはいい、悪いの区別はない。使い方によって、良くなったり悪くなったりする。脳を上手に使えば、思いは必ず実現する。(むらかみ かずお)

(下記産経新聞のウェブページです)

http://sankei.jp.msn.com/science/news/140926/scn14092605020002-n1.htm

ディーパック・チョプラ博士との対談

対談3人 チョプラ博士と村上先生

心身医学の世界的な権威であるディーパック・チョプラ博士の来日を記念して、今月19日(金)に村上和雄との対談が行われました。

チョプラ博士の著書である『SUPER BRAIN』が、村上の監訳のもと翻訳され、今年5月に保育社より刊行されました。今回の対談では、互いに自身の研究内容を踏まえながら、スーパーブレインと遺伝子スイッチとの 関係について語り合いました。

また、チョプラ博士と村上は、白鳥哲監督の映画『祈り~サムシング・グレートとの対話』で共演しています。今回は、その二人が初めて対面する機会となりました。

対談には、当財団の研究員であり、『SUPER BRAIN』の翻訳に携わった大西英理子も同席しました。子育てに奮闘する親の立場から、育児における心と脳の関係についてチョプラ博士に伺いました。

1時間という短い間でしたが、『SUPER BRAIN』のエッセンスについて理解を深められ有意義な対談となりました。

尚、この日の対談の様子は、近く保育社より公表される予定です。詳細については後日お知らせいたします。

文責 大西 英理子

村上和雄 中外日報「提言」⑤

今日は中外日報「提言」⑤2014年6月4日掲載分(最終回)です。

朝夕秋の気配がしてまいりましたが、なにより今年は大雨の影響が深刻です。夏の夕立のような風流なものではなく、局地的に短時間に滝のように雨が降るというのは、私が小さいころには経験がありません。地球規模で気候もどんどん変わってきているようですね。

大きく変わる環境の中で人は変わらないものを求めているのかもしれません。

中外日報140604「提言」

TM瞑想とは?

140819TM

昨日マハリシ総合教育研究所の代表理事 鈴木志津夫様と小林様が当財団にお越しくださいました。村上と数名の研究員にTM瞑想の説明をしてくださいました。(といいましてもTM瞑想を直接ご指導いただいたり実践したわけではありません)

TM瞑想は現在世界で600万人の方が実践していて特にアメリカでは大変人気のある瞑想法で、誰でも簡単にマスターでき、楽な姿勢で行うことができるうえに、さまざまな科学的研究でエビデンスが認められている方法だそうです。

簡単で効果的というのは魅力的ですね。

さまざまな瞑想法があり、違いもあるとは思いますが、瞑想の効果は多くの人が実感されていますし、そのメカニズムの一端を解明することは、心と遺伝子研究会のテーマでもあります。

村上和雄 中外日報「提言」④

中外日報140521「提言」

お盆も過ぎ朝夕涼しくなってまいりました。この時期はいのちについて

思いを馳せる機会が多くなりますね。

今日は中外日報「提言」④2014年5月21日掲載分です。