研究業績

2014.4.8現在

学術論文等

Tickling during adolescence alters fear-related and cognitive behaviors in rats after prolonged isolation. Hori M, Yamada K, Ohnishi J, Sakamoto S, Hiroki Furuie, Murakami K, Ichitani Y. Physiol Behav, 131:62-7. 2014

Ticklingは幼若期のラットの情動応答に作用する. 堀美代.日本生理学雑誌,76巻3号,2014年

Evaluation of mental stress by physiological indices derived from finger plethysmography. Minakuchi E, Ohnishi E, Ohnishi J, Sakamoto S, Hori M, Motomura M, Hoshino J, Murakami K and Kawaguchi T. J Physiol Anthropol, 32:17 , 2013

Effects of repeated tickling on conditioned fear and hormonal responses in socially isolated rats.Hori M, Yamada K, Ohnishi J, Sakamoto S, Takimoto-Ohnishi E, Miyabe S, Murakami K, Ichitani Y. Neurosci Lett, 536:85-89. 2013

Tickling increases dopamine release in the nucleus accumbens and 50 kHz ultrasonic vocalizations in adolescent rats. Hori M, Shimoju R, Tokunaga R, Ohkubo M, Miyabe S, Ohnishi J, Murakami K, Kurosawa M., Neuroreport, 24(5):241-5. 2013

Tickling stimulation causes the up-regulation of the kallikrein family in the submandibular gland of the rat. Yamamuro T, Hori M, Nakagawa Y, Hayashi T, Sakamoto S, Ohnishi J, Takeuchi S, Mihara Y, Shiga T, Murakami K, Urayama O., Behav Brain Res. Jan 1;236(1):236-43. 2013

Mind-body medicine: Effect of the mind on gene expression. Takimoto-Ohnishi E, Ohnishi J, Murakami K. Person Med Univ, 1: 2-6, 2012

Laughter education for implementation of the smile-sun method to promote natural healing in public and healthcare facilities. Takayanagi K, Shimura T, Iwabuchi K, Fujiwara H, Ohnishi J, Ishii K, Murakami K. Jpn Hosp, (31):57-61, 2012

社会隔離飼育された幼若ラットの恐怖条件づけに及ぼすticklingの効果.堀美代・山田一夫・大西淳之・坂本成子・村上和雄・一谷幸男.動物心理学研究,61巻2号236,2011年

Neurogenesis in the dentate gyrus of the rat hippocampus enhanced by tickling stimulation with positive emotion. Yamamuro T, Senzaki K., Iwamoto S, Nakagawa Y, Hayashi T, Hori M, Sakamoto S, Murakami K, Shiga T, U Osamu, Neuroscience Research, 68(4): 285-289. 2010

Positive motion-specific changes in gene expression profile in tickling rat. Hori M, Hayashi T, Nakagawa Y, Sakamoto S, Urayama O, Murakami K. Mol Med Rep, 2(2):157-61.2009

Laughing Rat: Positive Emotion Regulates the Gene Expression in Brain of Tickled Rats. Hori M, Ohnishi J, Hayashi T, Nakagawa Y, Sakamoto S, Urayama O and Murakami K. Journal of Health Counseling, 15: 37-48. 2009

The effects of laughter on post-prandial glucose levels and gene expression in type 2. Life Hayashi T1, Murakami K. Sci, 85(5-6):185-7. 2009

Comparative examination of the effects of the SAT-DVD Learning Program Therapy and the Qigong (the traditional Chinese breathing exercise) Therapy to alleviate stress in cancer survivors. Higuchi N, Nakashima K, Murakami K, Obitsu R, Munakata T. International Journal of Structured Assocoation Technique, 3: 61-90, 2009

Laughter modulates prorenin receptor gene expression in patients with type 2 diabetes. Hayashi T, Urayama O, Hori M, Sakamoto S, Nasir UM., Iwanaga S, Hayashi K, Suzuki F, Kawai K and Murakami K. J Psychosom Res, 62: 703-706, 2007

Pregerminated brown rice could enhance maternal mental health and immunity during lactation. Sakamoto S, Hayashi T, Hayashi K, Murai F, Hori M, Kimoto K and Murakami K. European Journal of Nutrition, 46: 391-396, 2007

Laughter up-regulates the genes related to NK cell activity in diabetes. Hayashi T, Tsujii S, Ibuki T, Tamanaha T, Yamagami K, Ishibashi R, Hori M, Sakamoto S, Ishii H and Murakami K. Biomedical Research, 28: 281-285, 2007

Analysis of pharmacological effect and molecular mechanisms of a traditional herbal medicine by global gene expression analysis: an exploratory study. Hayasaki T, Sakurai M, Hayashi T, Murakami K, Hanawa T. J Clin Pharm Ther, 32(3):247-52, 2007

Laughter regulates gene expression in patients with type 2 diabetes. Hayashi T, Urayama O, Kawai K, Hayashi K, Iwanaga S, Ohta M, Saito T, Murakami K. Psychother Psychosom, 75(1):62-5. 2006

Laughter therapy modulates the parameters of renin-angiotensin system in patients with type 2 diabetes. Nasir UM, Iwanaga S, Nabi AH, Urayama O, Hayashi K, Hayashi T, Kawai K, Sultana A, Murakami K, Suzuki F. Int J Mol Med, 16(6):1077-81, 2005

ユーモア療法,統合医療-基礎と臨床-.村上和雄,林隆志.237-240,2005年

陽性ストレスは良い遺伝子を活性化する.林隆志・林啓子・村上和雄.統合医療,1(1): 41-46,2004年

Laughter lowered the increase in postprandial blood glucose. Hayashi K, Hayashi T, Iwanaga S, Kawai K, Ishii H, Shoji S, Murakami K. Diabetes Care, 26(5):1651-2, 2003

Interaction between mind-heart and gene. Murakami K, Hayashi T. Journal of International Society of Life Information Science, 20(1): 122-126, 2002

学会発表等

離乳後の快情動形成の役割-ラット遊びモデルでの検証.堀美代.第216回つくばブレインサイエンス(TBSA)セミナー(講演),2014年12月9日,筑波大学

医療従事者のコヒーレンス感覚(SOC)と共感性の関係についての検討.大西淳之・坂本成子・堀美代・村上和雄.第24回人体科学会,2014年11月29~30日,京都大学稲盛財団記念館

Tickling alters fear-related and cognitive behaviors in rats isolated during adolescence. Hori M, et al, Society for Neuroscience 2014. 2013年11月15~19日, Walter E. Washington Convention Center, 米国

「笑い」は笑いごとではない.大西淳之.神奈川県立図書館開館60周年特別記念イベント マグカルフェスティバル(講演),2014年11月2日,横浜市

Effects of tickling on hormonal responses to restraint stress and conditioned fear in socially isolated rats. Hori M, et al, Society for Neuroscience 2013. 2013年11月09~13日, San Diego Convention Center, 米国

Molecular insights into mind-body medicine: Effect of “laughter” on gene expression. Ohnishi J et al, 4th World Gene Convention-2013, 2013年11月13~16日,Hainan International Convention & Exhibition Center,中国

Molecular insights into mind-body medicine: Effect of “laughter” on gene expression. Takimoto-Ohnishi E et al,3rd Annual World ongress of Molecular Medicine-2013, 2013年11月13~16日, Hainan International Convention & Exhibition Center,中国

「笑いやすさ」で分かる患者のコヒーレント感覚(ストレス対処力).第12回全国ヤングDMカンファレンス in つくば(招待講演).大西淳之.2013年10月19~20日,ノバホール,つくば市

側坐核のドパミンの分泌及ぼすticklingの効果.堀美代・下重里江・大西淳之・村上和雄・黒澤美枝子.第73回日本動物心理学会大会,2013年09月14~16日,筑波大学

発芽玄米による授乳婦の疲労改善と関連する遺伝子マーカーの解析 坂本成子・大西淳之,第60回日本栄養改善学会学術総会,2013年9月12~14日,神戸国際展示場

唾液MHPGの測定によるストレスの客観的評価法の確立.貝塚奈緒子・関目綾子・坂本成子・木元幸一・大西淳之.第60回日本栄養改善学会学術総会,2013年9月12~14日,神戸国際展示場

隔離飼育ラットにおける快情動刺激(Tickling)の効果.堀美代.第45回筑波実験動物研究会講演会(招待講演),2013年06月7日,文部科学省研究交流センター

Hori M, Tickling alters emotional responses in adolescent rats. 第90回日本生理学会大会(招待講演),2013年03月27~29日,タワーホール船堀

特別講演:笑いの脳科学.村上和雄.癒しの環境研究会第12回和歌山全国大会(招待講演),2012年10月6~7日,和歌山県立医科大学

社会隔離飼育された幼若ラットの恐怖条件づけに及ぼすticklingの効果.堀美代・山田一夫・大西淳之・坂本成子・村上和雄・一谷幸男.Animal2011日本動物心理学会・日本動物行動学会・応用動物行動学会/日本家畜管理学会合同学会,2011年9月8~11日,慶應義塾大学

社会隔離ストレスにおける快情動の及ぼす効果の解析.堀美代・大西淳之・坂本成子・村上和雄.第20回人体科学会,2010年12月11~12日,倫理研究所

社会隔離飼育された幼若ラットの恐怖条件づけに及ぼすticklingの効果.堀美代・山田一夫・大西淳之・坂本成子・一谷幸男・村上和雄.13回行動神経内分泌研究会,2010年9月13~15日,茨城県古河市ネーブルパーク

発芽玄米及び白米を主食とする介入が授乳期女性の心身に及ぼす効果に関する研究.坂本成子・目加田優子・関目綾子・木元幸一・大西淳之.第57回日本栄養改善学会学術総会,2010年9月10~12日,女子栄養大学坂戸キャンパス

米飯食が母乳中免疫成分量に及ぼす作用の検証.関目綾子・坂本成子・目加田優子・木元幸一・大西淳之.第57回日本栄養改善学会学術総会,2010年9月10~12日,女子栄養大学坂戸キャンパス

社会隔離飼育された幼若ラットのストレス反応性に及ぼすticklingの効果.堀美代・山田一夫・大西淳之・坂本成子・一谷幸男・村上和雄.第70回日本動物心理学会大会,2010年8月27~29日,帝京大学八王子キャンパス

Tickling刺激による陽性感情の表出とラット顎下腺のカリクレイン・ファミリー遺伝子の発現増加.山室拓也・中川嘉・林隆志・堀美代・坂本成子・竹内信乃・三原優子・村上和雄・浦山修.第9回心と遺伝子研究会,2010年8月19日,筑波大学

心と遺伝子発現― 快情動を表出するモデル動物での検証.堀美代.第16回ヘルスカウンセリング学会学術大会(招待講演),2009年9月20~21日,筑波大学東京キャンパス

「妊婦に日本型食生活を奨励する食育」の効果の検討.坂本成子・目加田優子・関目綾子・林啓子・大西淳之.第56回日本栄養改善学会学術総会,2009年9月2~4日,札幌コンベンションセンター

「妊婦に日本型食生活を奨励する食育」の効果の検討-体重変化とエネルギー・栄養摂取量との関連 目加田優子・坂本成子・関目綾子・林啓子・大西淳之.第56回日本栄養改善学会学術総会,2009年9月2~4日,札幌コンベンションセンター

食生活改善による母乳中のポリアミン量の変化.関目綾子・坂本成子・目加田優子・林啓子・大西淳之.第56回日本栄養改善学会学術総会,009年9月2~4日,札幌コンベンションセンター

「笑い」を含めた食育のススメとその効果の検証.大西淳之・坂本成子・谷中裕子・内野美穂・林啓子.第56回日本栄養改善学会学術総会,2009年9月2~4日,札幌コンベンションセンター

笑い易さを既定する遺伝子と反映する遺伝子.林隆志・堀美代・河合徳枝・坂本成子・林啓子・村上和雄.第7回心と遺伝子研究会,2008年8月28日,筑波大学

一時的な笑いと継続的な笑いでオン・オフする遺伝子スイッチの違い.堀美代・浦山修・林隆志・中川嘉・坂本成子・村上和雄.第7回心と遺伝子研究会,2008年8月28日,筑波大学

自己主張できる,笑顔の母親映像イメージ構築によるがん抑制遺伝子の顕著な発現症例―SAT療法の遺伝子発現報告シリーズ―. 宗像恒次・小林啓一郎・橋本佐由理・林隆志・坂本成子・堀美代・村上和雄・帯津良一.第7回心と遺伝子研究会,2008年,茨城

がん抑制遺伝子p53, RB 発現支援のためのイメージ療法技法.小林啓一郎・橋本佐由理,・林隆志・坂本成子・堀美代・村上和雄・帯津良一・宗像恒次.第14回ヘルスカウンセリング学会学術大会,2007.年9月,東京

「笑い」は糖尿病合併症進展を抑制する遺伝子のスイッチをオンにする.林隆志・浦山修・堀美代・坂本成子・M. Nasir Uddin3・岩永志律子・林啓子・鈴木文昭・川井紘一・村上和雄.第6回「心と遺伝子研究会」,2007年8月29日,国際会議場

ラットが笑って遺伝子スイッチはオン・オフするか?堀美代・浦山修・林隆志・中川嘉・坂本成子・村上和雄.第6回「心と遺伝子研究会」,2007年8月29日,国際会議場

主食(発芽玄米,白米)の違いが授乳期の母親の心身に及ぼす効果.坂本成子・林隆志・林啓子・村井文江・堀美代・木元幸一・村上和雄.第6回「心と遺伝子研究会」,2007年8月29日,国際会議場

がん生存者のp53, RB発現支援のためのイメージ療法技法.小林啓一郎・宗像恒次・橋本佐由理・村上和雄・帯津良一・林隆志・坂本成子・堀美代.第6回「心と遺伝子研究会」,2007年8月,茨城

サムシング・グレート‐遺伝子と漢方の研究から‐.村上和雄.第57回日本東洋医学会学術総会(招待講演),2006年6月23~25日,東京

笑いが血糖調節に及ぼす効果(第3報)林隆志・浦山修・川井紘一・M. Nasir Uddin・鈴木文昭・林啓子・岩永志律子・堀美代・坂本成子・村上和雄.第4回心と遺伝子研究会研究発表集会,2005年8月29日,筑波大学

糖尿病ラットの線条体における遺伝子発現の網羅的解析.浦山修・林隆志・堀美代・坂本成子・岡村聖子・河合徳枝・八木玲子・林啓子・村上和雄.第4回心と遺伝子研究会研究発表集会,2005年8月29日,筑波大学

ゲノムワイドアプローチによる漢方薬の有効性の事前予測と薬効分析の可能性.櫻井正智・早崎知幸・高橋裕子・林隆志・堀美代・坂本成子・村上和雄・花輪壽彦.第4回心と遺伝子研究会研究発表集会,2005年8月29日,筑波大学

「笑み筋体操」の臨床応用と新事業創出.林啓子・岡村聖子・藤森久美子・山内恵子・村山耕子・浦山修・村上和雄.第4回心と遺伝子研究会研究発表集会,2005年8月29日,筑波大学

笑いは2型糖尿病患者の食後血糖値と遺伝子発現を調節する.林隆志・浦山修・川井紘一・林啓子・岩永志律子・太田雅之・齋藤俊郎・村上和雄.第3回心と遺伝子研究会研究発表集会,2004年9月1日

漢方薬と遺伝子解析技術の可能性.櫻井正智・早崎知幸・高橋裕子・林隆志・村上和雄・花輪壽彦.第3回心と遺伝子研究会研究発表集会,2004年9月1日

SAT療法によるがん患者のQOL,免疫能,がん抑制遺伝子への影響.宗像恒次・小林啓一郎・橋本佐由理・前田隆子・初矢知美・庄司進一・帯津良一・持田麻里・林隆志・村上和雄.第3回心と遺伝子研究会研究発表集会,2004年9月1日

笑いによる遺伝子スイッチのオン/オフ.林隆志・角井園子・林啓子・庄司進一・村上和雄.村上和雄.第2回心と遺伝子研究会,2003年8月20日,筑波大学

笑いが血糖値上昇を抑えた.林啓子・林隆志・岩永志律子・川井紘一・石井均・庄司進一・村上和雄.第2回「心と遺伝子研究会研究発表集会」,2003年8月20日,筑波大学

自発活動性の違いに関連した脳内遺伝子の探索.征矢英昭・田中慎二・楯岡卓・林隆志・村上和雄.第2回心と遺伝子研究会,2003年8月20日,筑波大学

SATイメージ療法によるがん患者の精神免疫的,遺伝子発現変化.宗像恒次・橋本佐由理・前田隆子・初矢知美・庄司進一・帯津良一・角井園子・大久保由佳・林隆志・村上和雄.第2回第2回心と遺伝子研究会,2003年8月20日,筑波大学

特別講演「輝いて生きる-あなたの遺伝子が目覚めるとき」.村上和雄.第9回ヘルスカウンセリング学会,2002年9月20-22日,市川文化会館