プロフィール

氏名

村上和雄

生年月日

1936年1月2日

研究歴

最終学歴 1963年 京都大学大学院農学研究科博士課程修了
専門分野 分子生物学
研究経歴 1963-1968 米国オレゴン医科大学生化学教室研究員
  1969-1976 米国バンダビルト大学医学部講師・助教授
昇圧酵素レニンの生化学的研究
  1976-1999 筑波大学応用生物化学系助教授・教授
(遺伝子実験センター長、先端学際領域センター)
レニン・アンジオテンシン系に関する遺伝子工学、蛋白質工学、発生工学的研究
  1999-現在 公益財団法人国際科学振興財団バイオ研究所所長
イネ全遺伝子の塩基配列決定に関する研究
心と遺伝子の相互作用に関する研究

受賞歴

1982年 朝日学術奨励賞(朝日新聞社)
1990年 マックスプランク研究賞(ドイツ・フンボルト財団)
1993年 日経BP賞(日経BP社)
1996年 つくば賞(茨城県科学技術振興財団)
1996年 日本学士院賞(日本学士院)
2001年 岡本国際賞(成人血管病研究振興財団)
2011年 瑞宝中綬章 受章

「生命(いのち)の暗号」(サンマーク出版)、「今こそ日本人の出番だ 逆境の時こそ「やる気遺伝子」オンになる!」(講談社プラスアルファ新書2013/3)、「幸せの遺伝子」(育鵬社2011/12)など著書多数。

ドキュメンタリー映像作品「SWITCH」や映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」に出演