こころじ~んブログ

ディーパック・チョプラ博士との鼎談動画です!

鼎談

『DNAも神経細胞も、心のパワーで変えられる』
ディーパック・チョプラ博士 来日記念鼎談
動画および記事全文 配信中 !!

去る9月19日、『SUPER BRAIN』の著者、ディーパック・チョプラ博士と監訳者、
村上和雄との対談が行われました。そのときの動画と記事全文を、保育社ホーム
ページより配信中 です。当財団の研究員、大西英理子も同席し、育児や知育に
大切なスーパーブレインの要素についても伺っております。

両博士の最新の研究から育児・知育まで、『スーパーブレイン』の要素がたっぷ
り詰まった鼎談を、ぜひご覧ください。
http://www.hoikusha.co.jp/superbrain/interview/

配信動画:
①チョプラ博士より日本の皆さんへ
②“スーパーブレイン”のつくり方
③子育てにおける大切な“スーパーブレイン”の要素とは
④心(マインド)はすべてのものに宿る
⑤「心」や「感情」が遺伝子に影響を及ぼす
⑥脳を支配するのは意識

鼎談記事全文も同時配信しております。あわせてご覧ください。

ダライ・ラマ法王14世を迎えて次世代のための 環境シンポジウムを開催します!

2015ダライラマ法王チラシ最終版_ページ_1 2015ダライラマ法王チラシ最終版_ページ_2

変えよう “くらし” 守ろう “いのち”                                              ~次世代のための環境シンポジウム2015~

日時:平成27年4月6日(月) 13:00開演 15:30終了予定
会場: よみうりホール (有楽町)
入場料: 7,000円

私たちがくらす地球は、2025年までに表面温度が2℃上昇し、温暖化地獄に突入するといわれています。
地球の環境破壊が制御不可能な状況にならないために、私たちは今、どのように行動すべきでしょうか?

この日、ダライ・ラマ法王14世をお迎えし、日本が誇る科学者3名と共に、一大環境宣言を世界に向けて 発信します!

村上和雄が本会の実行委員長およびパネリストを務めます。皆様のご来場をお待ちしております。     詳細はチラシをご覧ください。

● 申込み・問合せ先: eohnishi@fais.or.jp

※ お申込みの際は、チラシ記載の必要事項をメール本文にご記入ください。
※ 件名を「次世代のための環境シンポジウム2015申込み」と必ずご記入のうえ送信ください。
※ 実行委員会事務局がご入金を確認後、チケットを発送いたします。

※ 振込先:ゆうちょ銀行
(ゆうちょ銀行からの場合) 記号:10170 番号:56415901
(他の金融機関からの場合) 【店名】〇一八(ゼロイチハチ)【店番】018 普通預金【口座番号】5641590
口座名:「次世代のための環境シンポジウム2015実行委員会」
***振込者名義はお申込者氏名でお願いいたします。

「笑う門には福来る」

対談2 大西先生1 大西先生2

11/2(日)に、心と遺伝子研究会の研究員 大西淳之(東京家政大准教授)が、神奈川県立図書館開館60周年特別記念イベント マグカルフェスティバルにおいて講演を行いました。

「笑い」は笑いごとではない
~健康にとっていい「笑い」とはなにか?~
大西淳之   (東京家政大学准教授・心と遺伝子研究会)

私たちの研究グループでは「笑い」や「幸福感」のような陽性な感情が、こころと身体を健康な状態に変化させるのではないか、という仮説を科学的に証明しようとしています。
私どもはこれまでに、漫才鑑賞による「笑い」が、2型糖尿病患者の食後血糖値の上がりすぎを抑え、「活気」を増加させることを明らかにしました。このような「笑い」は、免疫細胞にも働きかけて免疫活性を適切な状態に補正し、免疫細胞の遺伝子のはたらきも調節することがわかりました。

この研究結果は、ロイター通信やニューズウィークにも取り上げられ世界に紹介されました。

また「笑うネズミ……(?!)」を用いた実験を紹介します。この実験から、「嬉しい・楽しい感情」が怖い体験から生まれたストレスを軽減できることが明らかとなりました……

当日は定員を大きく上回る応募者があり、抽選に当ったラッキーな皆様の前で「笑い」が心身にもたらす効用について、当研究所での研究成果や昨今の研究事情を交え、楽しくお話しさせていただきました。

講演後、落語家の 春風亭 笑松さんの落語解説があり、その後春風亭笑松さんと大西淳之の「笑い」についての対談と続く、ユニークな企画でした。

ご参加の方からは、「今回の企画とてもよかった」「笑いの効用心にしみました」「とてもためになって楽しみました」「「笑う門には福来る」のパートⅡを企画してもらえれば」「もっと大きな会場で、たくさんの人に聞いてもらったらよかった「もったいない」の気持ちがいっぱいです」 等々ありがたい感想をいただき、皆様のお役にたてたかな、と嬉しく思っております。

今回の企画、科学と文化のコラボレーションという意味でも、また地域活性化のイベントとしても面白い試みですね!

横浜にぎわい座
http://nigiwaiza.yafjp.org/