こころじ~んブログ

『致知』連載第七回「遺伝子組み換え技術はどうあるべきかを考える」

『致知』連載中の村上和雄「生命科学研究者からのメッセージ」。一月号のテーマは「遺伝子組み換え技術はどうあるべきかを考える」です。

前回、イネ全遺伝子解読プロジェクトの話が述べられました。これを読んだ方の中には、その解読された遺伝子情報はどのように使われたのだろう、と思う方もいらっしゃるでしょう。その成果は公開され、管理は農水省が行っていました。ところが、2018年、日本の種を守ってきた「種子法」という法律が突然廃止されました。一般人にはなじみのない法律ですが、その「種子法」が日本の美味しいコメを守ってきたといえます。イネ遺伝子プロジェクトは日本人の魂であるイネの遺伝子を日本人の手で解読する、という思いでなされたものであったのに、ここに来て、国は食糧の基本であるコメ、ムギ、ダイズの種子市場を民間企業に任せることにしてしまったのです。そしてタネの巨大な市場はモンサントをはじめとする外国企業の寡占状態です。

いっぽう遺伝子組み換え作物は日本では消費者に嫌われて広まっていないかのようですが、実際は加工に使われる大豆や小麦などはほとんど輸入品であり、遺伝子組み換え作物です。消費者は知らないうちにそれらを食べています。遺伝子組み換えでない豆腐や納豆だけ選んでいても、食糧自給率の低い日本ではそれらを全く食べずに生きていくのはほぼ不可能といえます。ここには、大きなごまかしがあるといえます。遺伝子組み換え技術は、ひとが優良な品種を作ってきたその長い歳月を一気に短縮してしまうことができる夢の技術です。そこに村上の思いもありました。しかし、自然を短い時間で操作することに危険を感じている人も多い。そして、どこまでが良くてどこからが行き過ぎなのか、その判断基準がなく、技術が発明されれば歯止めをかけるものがない、といえます。

写真:大豆畑。アメリカから輸入されている大豆の9割が遺伝子組み換え作物だという

私達は大変難しい時代に生きています。一人一人がこの国の将来を考えていかなければいけない時代です。今回のメッセージを読んで、自分たちが食べるものについて何も知ろうとせず、政治家、科学者、大企業に任せて、自分たちで選択することをしなくなれば、日本や世界は後戻りできない状況になっていく危険をはらんでいる、そのように感じました。

 

『致知』連載第六回「日本の威信をかけた『イネ全遺伝子解読プロジェクト』」

『致知』連載中の村上和雄「生命科学研究者からのメッセージ」。              十二月号のテーマは「日本の威信をかけた『イネ全遺伝子解読プロジェクト』」

二〇〇〇年四月、村上は新聞のある記事に読んで大変なショックを受けます。そこには、アメリカの、ヒト・ゲノム解読で名を挙げたセレラ・ジェノミクスという会社が、「ヒト」に続いて「イネ」の遺伝子暗号の解読に乗り出した、とかいてありました。

村上は、その前年に筑波大学を定年退官していたのですが、「十八歳で大学に入学し、やっと六十三歳で卒業できた」「いよいよこれから社会人としての人生が始まるんだ」という期待に、胸膨らませていたといいます。まさに人生これからだ!と思っていた矢先に、突如として舞い降りてきたのが、「イネの全遺伝子暗号の解読」だったのです。

日本人の身体と精神には稲や米からもらった生命が受け継がれている、日本人のアイデンティティや日本文化を守るためにも、日本人の手によってイネの全遺伝子暗号を解読するのが筋ではないか、という思いが村上の心を揺さぶったのでした。しかし、村上は既に大学を退官していたので、研究の拠点はありません。そこで財団法人国際科学振興財団にバイオ研究所を設立しました。そして、政治家のところに研究予算獲得のため陳情に行ったと言います。ある政治家は、村上の話を聞いたうえで「予算を付ければアメリカに勝てるのか」と鋭く質問してきました。正直当時の状況からは負ける確率の方が大きかった。でも村上はとっさに「勝てます」と断言しました。この決心こそがあらゆることを動かしたのではないか、そう思えてなりません。

そして、村上の研究人生で、最も厳しいものとなったプロジェクトが始まります。心労で8キロも体重が減ったと言います。しかし、ついに2003年3月、世界に先駆けてイネの全遺伝子暗号の解読に成功したのです。その成果は科学雑誌「サイエンス」でも発表されます。その後、3万2千個のイネ遺伝子暗号は農水省が一括管理することになりました。日本はこれらを特許で独占せず、すべて公開したのです。

村上は、「神話から続く稲作の文化が日本人の遺伝子にしっかりと組み込まれているような気がしてならないでのす。私がイネの全遺伝子暗号解読に真剣になれたのも、そういった目に見えないものが後押ししてくれたように思うからです」といいます。プロジェクト終了後、伊勢神宮へ参拝した村上は、改めて稲作と日本の国づくりや日本文化との深い関係について思いを馳せたといいます。村上はこの研究を意気に感じ、筑波大学の退職金を全てイネ研究に寄付したそうです。その私心がないところに、天が助けてくれたに違いない、そう思えてなりません。

『テクノロジストマガジン』創刊号 「研究者の肖像」

3年前に創刊された研究者のためのヒューマンドキュメント誌『テクノロジストマガジン』。記念すべき創刊号の表紙は村上和雄でした。現在vol.17が発刊されているこの雑誌は、研究に関係ある方は読む機会もあるかと思いますが、一般にはあまり目にすることはないかもしれません。でも研究者といってもその専門以外のことはあまり詳しい訳ではありません。この雑誌の巻頭を飾る「研究者の肖像」は、専門外の方が読んでも、その研究内容ばかりでなく、その研究者の人となりに興味がわいてきます。下記のリンクから村上和雄「研究者の肖像」ページが読めますので、是非!

『テクノロジストマガジン』創刊号https://www.criprof.com/magazine/2016/05/09/post-2231/

 

天草シティFM「みつばちラジオ」で村上和雄が語ります

タイトル  「幸せの遺伝子が目覚める話」

放送予定日  2019年1月29日(火)、30日(水)

午前5時~5時半・再放送同日午後3時~3時半

放送媒体   天草シティFMみつばちラジオ周波数 88.8㎒

インターネットサイマルラジオ https://fmplapla.com/mitsubachiradio/

花咲実の幸せラボ(HP) http://hanasakiminoru.info/

聞き逃した方は上記のHPで後日放送内容がUPされるのでチェックしてみてください。

「心が遺伝子のスイッチをONにする」堀田力氏と村上和雄の対談

さわやか福祉財団会長 堀田力氏と村上和雄が「心が遺伝子のスイッチをONにする」をテーマに対談し、『さぁ、言おう』(さわやか福祉財団月刊情報誌)2018年10月号「生きざまストーリー」に掲載されました。

「生きざまストーリー」10月号  PDF: http://mind-gene.com/file/190117.pdf

月刊情報誌『さぁ、言おう』(公益財団法人さわやか福祉財団)2018年10月号から転載

さわやか福祉財団は「新しいふれあい社会の創造」を基本理念としてボランティアや地域における住民主体の助け合い活動の普及・啓発、政治・行政への提言、新しい生き方の提案を行っている公益財団法人です。

夢・ふれあい社会 公益財団法人さわやか福祉財団https://www.sawayakazaidan.or.jp/publication/sah_iou.html

リンク

公益財団法人 日本スポーツ協会発行の情報誌「Sport Japan」の41号では〈特集〉“ストレスをプラスに変えると……” ストレスがある、だからこそスポーツは魅力満載!と題しまして、スポーツにおける「ストレス」に焦点を当てております。
その中に、「遺伝子レベルで考える 陽性ストレスは人を未知の世界にも導く」というタイトルで村上の記事が掲載されております。

「・・・火事場の何とかのように、予期せぬ力を発揮することもある。眠っている遺伝子に働きかけられれば、可能性は広がることを物語っています。
・・・スポーツのだいご味は、競争して№1になることもその一つですが、オンリーワンになれるのもまた確かでしょう。オンリーワンになるために磨きをかけるには、どんなことに向いているのか知ることもまた大切です。
・・・ネガティブなストレスをポジティブに変える。
・・・固定観念にとらわれず、柔軟性を持って限界を決めず、人間は未開発の情報を持っていること、そして無限の可能性があることを理解させる・・・」

トップアスリートなら自身でストレスを楽しみに変える力があるのかもしれませんが、一般の人はどうすればいいのでしょうか。スポーツ指導者が、どのようにストレスを活用していけば、プレーヤーをさらなる高み、あるいはさらなる楽しみの世界へと導けるのでしょうか。そういう事へのヒントを村上の言葉で語っております。
スポーツをやられる方もやられない方も、村上の言葉で勇気をいただき、新たな可能性が広がっていくかもしれません。

Sport Japan 2019年1・2月号(vol.41)
https://www.japan-sports.or.jp/publish/tabid661.html?pdid=148

『致知』連載第五回「ヒト・レニン全遺伝子暗号解読の軌跡」

『致知』連載中の村上和雄「生命科学研究者からのメッセージ」。                                                     十一月号のテーマは「ヒト・レニン全遺伝子暗号解読の軌跡」です。

新生・筑波大学を国際的な大学にするため、三年・千日と日を区切って、研究に邁進した村上和雄。そこからは、白鳥哲監督制作の映画「祈り」でも描かれた、天が味方してくれたとしか言えない、ドラマティックな出来事が起こります。脳内レニンの正体を解明するために、牛の脳下垂体からレニンを取りだすことを考えた村上は、その材料調達のために筑波から東京・芝浦の食肉センターに通い続けます。そして、断られても断られても、牛の脳下垂体を譲ってもらえるよう頼み続けました。とうとう根負けした食肉センターの責任者の方は「大学の先生にこれだけ頭を下げられたんじゃ、断れねぇや」と言ってくださったそうです。それからは、研究室の全員で、毎日毎日、冷凍された栗の渋皮を剥くような難しくも単調極まりない脳下垂体の皮剥き作業に取り組みました。それはおそらく多くの人が抱く研究のイメージからは、かけ離れた単純な肉体労働だったと思います。でも、村上は研究室のメンバーに「これさえできれば世界的な研究ができる」と言って励まし続けました。そして遂に牛三万五千頭分の脳下垂体から0.5ミリグラムのレニン純品を取り出すことに成功したのです。この成果を1981年のドイツ・ハイデルベルグで開かれた国際高血圧学会で発表した村上には、万雷の拍手喝采と「ドクター三万五千頭」というニックネームが送られたのです。

しかし村上の挑戦はまだまだ続きます。新しい遺伝子工学の手法で、ヒト・レニンの大量製造と、レニンの基本構造の解明というテーマに取り組んだのです。そこではパスツール研究所やハーバード大学という横綱級がライバルでした。さすがの村上も諦め半ばだった時に、学会で訪れたドイツ・ハイデルベルグの学生街のカフェで、旧知の間柄であった京都大学教授、中西重忠先生とバッタリ出会います。そこで村上は研究の窮状を語ったところ、中西先生は研究室を上げて全面的に協力することを申し出てくれたのです。そして遂に奇跡は起こり、ライバルを抜き去って、世界で初めてヒト・レニンの全遺伝子解読に成功しました。まさに、「天は自らを助くるものを助く」という言葉を思い出さずにはいられません。

『致知』連載第四回「私の研究人生を決めた「酵素レニン」との出合い」

『致知』連載中の村上和雄「生命科学研究者からのメッセージ」。十月号の

写真:致知2018.10月号より

テーマは 「私の研究人生を決めた「酵素レニン」との出合い」。研究者にとって研究テーマとの出合いは、伴侶との出合いにも例えられる、運命的なものかもしれません。村上にとってその後の研究人生を決定づけたのが、高血圧の黒幕「酵素レニン」との出合いでした。レニンの純化に世界で初めて成功し、厳しい成果主義のアメリカで、研究者としての実力と評価を確固たるものとしたのです。このままアメリカで研究人生を極めようと決めた矢先に、恩師満田先生から、「筑波大学というアメリカ的な大学を日本につくるから帰ってこないか」と言われ、村上の研究人生は新しい展開を見せます。今でこそつくば市は研究学園都市として高い知名度を誇っていますが、四十年余り前の当時は、道路も整備されておらず、一面に田んぼが広がり、食事をする場所もなかったそうです。新設された筑波大学も、実験室は完成しておらず、村上も正直「失敗したか」と、思ったようです。それでも数年すると校内の研究施設も整い、村上は「筑波大学を国際的な大学にする」という高い志をもって、教育・研究と大学管理職の仕事にその情熱を傾けていくのです。      写真の村上和雄の目ぢからがすごい!

『致知』連載第三回「学恩深き恩師への尽きぬ思い」

今年七月号から『致知』で村上和雄の新連載「生命科学研究者からのメッセージ」が始まっています。「致知」は「日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌」と謳っている定期購読の雑誌です。

九月号のテーマは「学恩深き恩師への尽きぬ思い」。

前号の平澤興先生が‘こころの師’であるとすれば、京都大学名誉教授の故・満田久輝先生は村上にとっての‘生涯の恩師’。食糧科学分野における唯一の文化勲章受章者である満田先生は栄養科学がご専門でした。二十世紀以降世界各地で戦争紛争が続き、栄養状態の悪化によって多くの命が失われました。そこで満田先生は精米しても玄米の豊かな栄養素が失われない米、ビタミン強化米をつくり、それは戦後の食糧難の日本や発展途上国で大いに役立ったのです。村上和雄のイネ全遺伝子解読の研究も、恩師・満田先生の教えの流れの中にあったものかもしれません。揺るぎない師弟関係から生み出された多くの研究成果がまた、次の新しい世界を作っていくことを感じました。

『致知』生命科学研究者からのメッセージ好評連載中

今年七月号から『致知』で村上和雄の新連載「生命科学研究者からのメッセージ」が始まっています。「致知」は「日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌」と謳っている定期購読の雑誌です。

八月号のテーマは「我が ‘こころの師’ 平澤 興」。平澤興先生は京都大学第十六代総長です。村上がその生涯で平澤先生と直接お会いしたのは三回だけだそうです。ですが、人との出会いの影響の深さはその時間の長短で測られるものではありません。

平澤先生は脳科学が専門の医学者でした。その晩年には、人間の基本的な性格が幼児期につくられるとの洞察に至り、幼児教育の意義、母親の役割の重要性を痛感され、「全日本家庭教育研究会(全家研)」の創立に尽力され初代総裁に就かれました。村上は平澤先生の志を受け継ぎ、第五代総裁を務めております。

「人生はにこにこ顔で命懸け」

これは講演や著書の中でもよく紹介している、村上が一番好きな平澤先生の言葉です。致知出版から平澤先生の著書が出版されています。村上の ‘こころの師’ の言葉を是非味わってみてください。