花緑の幸せ入門「笑う門には福来る」のか?~スピリチュアル風味~ 柳谷花緑 著


ご紹介します。

22歳で戦後最年少真打ちとなった落語家、柳家花緑。順風満帆にみえる彼には、実は学習障害があり、通知表は1か2、漢字が分からず本を読むこともできなかった。初めて本を読めたのは18歳。なぜかピンときた、幸せとは何かを問う本だった―。それ以来、落語家として活躍しながらも、独学で漢字を学び続け、幸せについて考え続けてきた。ある時「笑う門には福来たる」ということわざにそのヒントがあるのではないかと思い至り、本書の執筆を決意。自らの体験と、祖父で師匠の人間国宝5代目小さん、筑波大学名誉教授・村上和雄氏、故・小林正観氏など多くの人に支えられながら導き出した答えとは―。画期的な幸せ入門書!

書籍紹介⇒ http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/5530843

柳谷花緑さんといえば人間国宝・五代目柳谷小さん(永谷園のCMに出てましたよね!)の孫でエリート落語家さんです。戦後最年少で真打ちになったそうですが、実は小さいころ学習障害があったそうです。漢字が苦手だそうですが、落語はすべて聞いて覚えたのだそうです。「笑い」をテーマに書かれたこの本には村上和雄との対談が収録されています。この本は花緑さんの正直で飾らないお人柄が滲み出た、ちょっとスピリチュアルな視点からの生き方論が書かれていて、読むと、気持ちは前向きに、あったかくなります。ええかっこしい、のところがなくてご自身の迷いや、実践した中で気づいたことが素直に書かれています。あらためて、村上の研究テーマでもある「笑い」は、幸せの秘訣だと思いました。花緑さんの落語を聴いて大笑いしたいです( ◠‿◠ )!