リンク

公益財団法人 日本スポーツ協会発行の情報誌「Sport Japan」の41号では〈特集〉“ストレスをプラスに変えると……” ストレスがある、だからこそスポーツは魅力満載!と題しまして、スポーツにおける「ストレス」に焦点を当てております。
その中に、「遺伝子レベルで考える 陽性ストレスは人を未知の世界にも導く」というタイトルで村上の記事が掲載されております。

「・・・火事場の何とかのように、予期せぬ力を発揮することもある。眠っている遺伝子に働きかけられれば、可能性は広がることを物語っています。
・・・スポーツのだいご味は、競争して№1になることもその一つですが、オンリーワンになれるのもまた確かでしょう。オンリーワンになるために磨きをかけるには、どんなことに向いているのか知ることもまた大切です。
・・・ネガティブなストレスをポジティブに変える。
・・・固定観念にとらわれず、柔軟性を持って限界を決めず、人間は未開発の情報を持っていること、そして無限の可能性があることを理解させる・・・」

トップアスリートなら自身でストレスを楽しみに変える力があるのかもしれませんが、一般の人はどうすればいいのでしょうか。スポーツ指導者が、どのようにストレスを活用していけば、プレーヤーをさらなる高み、あるいはさらなる楽しみの世界へと導けるのでしょうか。そういう事へのヒントを村上の言葉で語っております。
スポーツをやられる方もやられない方も、村上の言葉で勇気をいただき、新たな可能性が広がっていくかもしれません。

Sport Japan 2019年1・2月号(vol.41)
https://www.japan-sports.or.jp/publish/tabid661.html?pdid=148