人体科学会 第24回大会 「身心変容と人体科学」


11/29~11/30に京都大学こころの未来研究センターにて人体科学会第24回大会が開催されました。テーマは「身心変容と人体科学」です。当研究会は演題「医療従事者のコヒーレンス感覚と共感性の関係についての検討」の発表を行いました。

人体科学会は「人間性の本質について学際的・総合的な視点から科学的に研究することを目的」として、様々な分野で活躍されている方が参加する、学際的な学術研究団体です。

本大会の真骨頂は、大会実行委員長で京都大学こころの未来研究センター教授の鎌田東二先生が司会された公開シンポジウム「身心変容と脳科学」だったと思います。その熱気は大変なものでした。

シンポジストの先生方のご発表は、人間の身心について私たちが非常に小さな枠の中でしかとらえていない、知らないということをあらためて教えていただきました。もちろん「心と遺伝子研究会」では心が遺伝子発現に影響を与えることを研究しているのですから、心が身体を変化させることについては確信しています。それでも、シンポジストのお一人永澤哲先生の「瞑想する脳科学」に書かれていたチベット仏教に関する映像には本当に驚嘆!しました。

私たちは秋の京都を訪れるのは初めてだったのですが、とんでもない人出でごった返していました。でも紅葉の古都は格別で、人ごみを我慢してでも一度は訪れる価値があるな~と思いました。(JRの宣伝みたいですが)

2014jinntaikagaku in kyoto人体科学会2014京都CIMG1255 人体科学会2014京都CIMG12622014kamogawa

会場の京大稲盛財団記念館は鴨川沿いにあり、その風景がまた素晴らしくて、ほんの少しだけ河原を歩いてみましたがとても気持ち良く、きっとここなら身心変容もしやすいのではないかと深く感じました。

そういえば村上和雄も京都大学出身!やはり京都は違います、なにもかもが(わ)(^.^)  by sakamoto